skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

CentOS7でのIP固定

投稿日:2017年5月18日 更新日:

日ごろ業務ではwindowsにVitrtualBox+VagrantにCentOSをいれていたのですが、スペックにややネックがあったため、今は使っていないPCにCentOS7を入れて開発企図して使うことに。

下記のようなことを覚えました。

  1. デバイスの検知
  2. 静的IP

1 デバイスの検知

2 静的IP

標準でCentOSを入れた場合、dhcp(IPが自動振り分け)になっていることもあります。

そんな場合の修正について。

CentOS7でIPを固定する

上記のように設定して、

で行けるらしいのですが、自分の環境の場合うまく動きませんでした。

サーバー自体を再起動すると正常に反映されているのですが・・・どうやらCentOS7の不具合の可能性もあるようです。

ちなみに正常に設定されている場合はifconfigコマンドにて下記のような情報が出力されます。(※これが出ていない場合はネットワークが通っていません。)

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

webサーバーのログの見方

サーバー監視の基礎となるWebサーバーのログ(主にApache)の見方について少し書いてみようと思います。Apacheで解説しますが、nginxでもほぼおなじです。 Contents1 モジュール読み …

no image

vimの基本的な使い方 設定ファイル、基本コマンド他

もう4年ぐらいの付き合いになる憎らしくもかわいいエディタvi(vim)について。 雑誌に特集があったのでこれを機にまとめてみました。シリーズものになるかも・・・ Contents1 Vi(vim)とは …

no image

Firebaseでのミニアプリデプロイ

KVS的なDBを使うかもしれず、firebaseの復習をしております。以前、firebaseのサンプルなどちょこちょこ動かしましたが、firebaseに登録をしただけでデプロイまではしておりませんでし …

no image

SSHのfinger printに関して

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。 今回のお題はSSHのfinger printです。 初めてSSH先に接続するときに …

no image

Dockerでのredis活用(redisinsightなどについて)

引き続きdockerネタですがredisを使ったネタに関して。 redis自体は以前のエントリーでも説明しましたが、一般的なキャッシュサーバーかと思います。 今回はredis自体の説明ではなくdock …