skillup

技術ブログ

JavaScript

AngularJSでのinfite_scroll

投稿日:2017年6月4日 更新日:

今回もAngularネタです。

一般的なデータの一覧画面ではページャーをボタンで移動するのではなく、スクロールするだけで次々とアクセスできるようになるのが一般的でしょう。

facebookやtwitterなどが一般的ですね。

そんなときに使えるのがngInfiniteScrollというライブラリです。

インスト-ル

bowerに下記のように記述してあげればOKです。(2017年6月現在1.3.4が最新です。)

バージョンが古い(具体的には1.0.0以前)場合、後述するような不具合が起こります。

ソース

HTML

JS

説明

非常にシンプルでスクロールをし、スクロール量が画面下に達した時点で読み込みが始まります。

infinite-scroll 実際に発火されるメソッド

infinite-scroll-disabled trueのときはメソッドが発火しません。使いどころとしてはある処理を読み込んでいるときは多重読み込みになってしまうので、読み込みが始まった時点でtrueにし、データを読み込んだ時にはfalseにします。

infinite-scroll-distance スクロールを検知する画面サイズの定義のようです。0の場合ブラウザの底辺になります。

var app = angular.module(“myApp”, [‘infinite-scroll’]).value(‘THROTTLE_MILLISECONDS’, 500);

上記はリクエストが発生し、次のリクエストが発生するまでの最低の間隔です。

これを書かないとスクロールした瞬間に大量のリクエストが発生します。

上記のisLoadingも役に立たななかったです。(最初のリクエストの処理が始まってisLoadingが始まる前にすでに複数のリクエストが呼ばれてしまっている。)

(0.5秒であれば最初の読み込みが始まり、$isLoadingに達成するまでに十分時間がもちます。)

ちなみに1.0.0以降でないと有効にはないっていないのでバージョンには気を付けましょう。

参考リンク

https://sroze.github.io/ngInfiniteScroll/documentation.html

angular.jsで無限スクロール

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSでの金額変換で気をつけることなど

以前、ちょっと特集した JSでの画面の金額集計 の続きです。 画面で帳票系のアプリを作ろうとしている時など、画面上の値から金額の合計金額を出すなどがよく見られます。 すごく基本的ですが、PHPに慣れて …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

JavaScriptでのコールバック関数について。 たまにでてきますが、これまた慣れないと手間取ります。 コールバック関数に関してまとめると以下のような感じでしょうか。 ある関数(func1)の引数と …

no image

JavaScript 変数、配列、オブジェクト、スコープ、関数、オブジェクトの基本について

日頃業務で使っているJavaScriptについて。自分的なメモです。 Contents1 変数定義2 配列の定義2.1 展開3 オブジェクトの定義3.1 展開4 関数4.1 スコープ4.2 即時関数4 …

no image

ケース別JavaScriptライブラリまとめ

Webエンジニアとしてはサーバーサイドのプログラムのみならず、JavaScriptをいじることがおおいでしょう。 私自身、昔はわけがわからず大嫌いだったんですが、最近はデバッグが楽なこともあり、結構愛 …

no image

GoogleMapのカスタマイズ

GoogleMapの埋め込みってよくある要件だと思うのですが、先日、GoogleMapに色(企業カラー)をつけたいという要望がありました。 てっきり埋め込み1行で解決すると思いましたが、色々と調べるこ …

アーカイブ