skillup

技術ブログ

JavaScript

dataTableによる無限スクロール

投稿日:2017年6月7日 更新日:

Angularで無限スクロールをやったので一般のjqueryで。

dataTablesというプラグインです。

以前下記リンクで紹介していますが、ようわかっとらんかったんで(汗)再度書きます。

ページャープラグイン dataTable

公式

https://datatables.net/

ディフォルトだと無限スクロールではなく、ページ番号をつけてページャーリンクをクリックしたり、一画面に表示する件数をボタンで変えたりするプラグインのようですが、応用することで無限スクロールに対応させられます。

たとえば日本中の郵便番号を一覧表示するページがあり、これを無限スクロールで下記のように読み込むとします。

※一般的な無限スクロールと違い、見えている部分が常に一定になります。

このプラグインに限らずですが、ようは無限スクロールのポイントはどんなプラグインでも下記のようなところだと思います。

  • スクロール量をJavaScript側で検知する
  • 検知した場合プログラムにlimit,offsetの情報をつけてGETでアクセスする(一般的にはひたすら追加していくものが多いlimitはいらないことが多いかもです。)
  • その情報をもとにフロント側にデータを返す

インストール

dataTablesとdataTableのプラグインであるdatatables.net-scrollerも同時に読み込みます。datatables.net-scrollerがないと、スクロールしてもアクセスがサーバー側に飛ばないので注意です。

bowerで下記のようにインストールできます。

https://datatables.net/download/bower

ソース

HTML/JS側

PHP側

発行されるURLは下記のようなものです。

※プラグインがスクロールを検知すると自動的に下記のようなURLを生成します。

今回重要な情報としてはlimitとoffsetですが、limitに相当するものがiDisplayLengthでoffsetがiDisplayStartです。また一番最初に画面にアクセスしたとき(スクロールをしていないとき)はiDisplayStart =0 , iDisplayLength =9でした。

これだと初回のページを読んだ時に空きができちゃうんですよね・・プロパティにいれて変えようとしましたが、反映されないので私の場合初回時(sEcho=1)のときに多めに読み込むようにしました。

参考リンク

HTML テーブルをナイスに扱う DataTables 〜Ajax編〜

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaScriptのコールバック関数について

JavaScriptでのコールバック関数について。 たまにでてきますが、これまた慣れないと手間取ります。 コールバック関数に関してまとめると以下のような感じでしょうか。 ある関数(func1)の引数と …

no image

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。 入力欄にフォーカスして、遷移したときに …

no image

JavaScriptのthisについて

今回はJavaScriptのthisについて。 JavaScriptのthisの場合、呼び出し方によってthisの参照先が変わります。 4種類あるとされていますが、使われ方で分類すると私の場合、下記の …

no image

AngularJSでのinfite_scroll

今回もAngularネタです。 一般的なデータの一覧画面ではページャーをボタンで移動するのではなく、スクロールするだけで次々とアクセスできるようになるのが一般的でしょう。 facebookやtwitt …

no image

bowerのインストール

業務でAngularJSをいじっていますが、そこでbowerというソフトウェアの存在を知りました。 Contents1 bowerとは?2 インストール方法 bowerとは? フロントエンドのパッケー …