skillup

技術ブログ

JavaScript

dataTableによる無限スクロール

投稿日:2017年6月7日 更新日:

Angularで無限スクロールをやったので一般のjqueryで。

dataTablesというプラグインです。

以前下記リンクで紹介していますが、ようわかっとらんかったんで(汗)再度書きます。

ページャープラグイン dataTable

公式

https://datatables.net/

ディフォルトだと無限スクロールではなく、ページ番号をつけてページャーリンクをクリックしたり、一画面に表示する件数をボタンで変えたりするプラグインのようですが、応用することで無限スクロールに対応させられます。

たとえば日本中の郵便番号を一覧表示するページがあり、これを無限スクロールで下記のように読み込むとします。

※一般的な無限スクロールと違い、見えている部分が常に一定になります。

このプラグインに限らずですが、ようは無限スクロールのポイントはどんなプラグインでも下記のようなところだと思います。

  • スクロール量をJavaScript側で検知する
  • 検知した場合プログラムにlimit,offsetの情報をつけてGETでアクセスする(一般的にはひたすら追加していくものが多いlimitはいらないことが多いかもです。)
  • その情報をもとにフロント側にデータを返す

インストール

dataTablesとdataTableのプラグインであるdatatables.net-scrollerも同時に読み込みます。datatables.net-scrollerがないと、スクロールしてもアクセスがサーバー側に飛ばないので注意です。

bowerで下記のようにインストールできます。

https://datatables.net/download/bower

ソース

HTML/JS側

PHP側

発行されるURLは下記のようなものです。

※プラグインがスクロールを検知すると自動的に下記のようなURLを生成します。

今回重要な情報としてはlimitとoffsetですが、limitに相当するものがiDisplayLengthでoffsetがiDisplayStartです。また一番最初に画面にアクセスしたとき(スクロールをしていないとき)はiDisplayStart =0 , iDisplayLength =9でした。

これだと初回のページを読んだ時に空きができちゃうんですよね・・プロパティにいれて変えようとしましたが、反映されないので私の場合初回時(sEcho=1)のときに多めに読み込むようにしました。

参考リンク

HTML テーブルをナイスに扱う DataTables 〜Ajax編〜

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Promiseを使った非同期処理

今回はPromiseを使った非同期処理について。 JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気 …

no image

JavaScriptのthisについて

今回はJavaScriptのthisについて。 JavaScriptのthisの場合、呼び出し方によってthisの参照先が変わります。 4種類あるとされていますが、使われ方で分類すると私の場合、下記の …

no image

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※Laravel使用時)

JavaScriptのインストールですが、いままではライブラリを1つ1つインストールしてました。 bowerでインストールしたこともあったんですが、読み込み自体は1つ1つしていました。 先日仕事でnp …

no image

font-awesomeのインストール(タスクランナー経由)

fontawesomeをタスクランナー経由でインストールすることについて。 CDNでインストールするだけならURL張り付けるだけですが。 インストール まずnpmで下記コマンドでインストールをします。 …

no image

非同期通信のまとめ($.ajax,fetch,axiosなど)

非同期通信処理に関して、年明けに少し調べたのでメモします。 非同期通信に関しては長い間、$.ajaxを使っておりました。 フロント側でそれほど複雑な処理をやらなかった、昔覚えたのでそのまま・・ってパタ …