skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

crontab 確認方法

投稿日:2017年6月15日 更新日:

crontabが動かないときに確認すること。

cron自体が動いているか(下記コマンドでログを確認)

実行権限が正しいか

で実行権限はしっかりとつけておきましょう。

プログラム内部のファイルパスが絶対パスになっているか

自分でテストをする場合はカレントディレクトリでやることが多いと思うのでなかなか気づかないことが多いかと思います。コンソールからたたいたときではなくcronでたたいたときにパスが正常になっているか、を確認しましょう。

エラーを出力できているか

cron自体が実行されている場合、エラーは吐かれません。プログラムのエラーを見たい場合は下記コマンドで。

参考リンク

crontabがどうしても動かないときに確認すべき3つの点+α

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginx基本

データベースについて勉強していましたが、実務でnginxを触る機会があったので、これを機に勉強。 Contents1 参考文献2 nginx基礎3 コアモジュール4 httpモジュール5 設定ファイル …

no image

ポート解放(CentOS7)

新サーバー構築をしていたときにwebサーバーとしてnginxを立てましたが、外部から接続ができません。 500エラーすら吐かれず、ログも残っていません。 こんな時はホスト自体にアクセスが届いていない可 …

no image

apacheでのバーチャルホストの設定

このブログを旧サイトから移管し、同一ホストで別々のドメインを運用することになったので、バーチャルホストの設定を行いました。 Contents1 設定方法1.1 http.conf1.2 実際のバーチャ …

no image

カレントディレクトリ以下のすべてのCR+LFをLFに

windows環境からファイルをアップしていると文字コードがバラバラだったりすることが多々あります。 まあ何がめんどくさいかというと差分がチェックできない。これが最悪です。 gitのdiffコマンドの …

no image

システム監視の基礎

システム監視のルールがほとんどないので、ちょっと勉強中です。 Contents1 危険率の判定2 参考文献 危険率の判定 今まで一番知りたかったことがこれなんですね。例えばシステムに負荷がかかっている …

アーカイブ