skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

crontab 確認方法

投稿日:2017年6月15日 更新日:

crontabが動かないときに確認すること。

cron自体が動いているか(下記コマンドでログを確認)

実行権限が正しいか

で実行権限はしっかりとつけておきましょう。

プログラム内部のファイルパスが絶対パスになっているか

自分でテストをする場合はカレントディレクトリでやることが多いと思うのでなかなか気づかないことが多いかと思います。コンソールからたたいたときではなくcronでたたいたときにパスが正常になっているか、を確認しましょう。

エラーを出力できているか

cron自体が実行されている場合、エラーは吐かれません。プログラムのエラーを見たい場合は下記コマンドで。

参考リンク

crontabがどうしても動かないときに確認すべき3つの点+α

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

障害調査フロー

実務でサーバーの障害が発生した時のフローなどをメモしおこうかと。 行ってしまうと「ログに始まり、ログにおわる」といった感じでしょうか。 サーバーエンジニアの方の作業をみてたんですが、基本的にはプログラ …

no image

SSLの設定に関して

実務でサーバーにSSLの設定をすることがあったので書いておきます。 Contents1 SSLとは?1.1 ファイルの設定方法2 設定方法全般に関して2.1 秘密鍵2.2 サーバー証明書と中間証明書の …

no image

ログ抽出コマンド特集 その3 データの収集や抽出にかかわるコマンド群(sort ,tr,cut)

サーバーの負荷を見る場合、unixコマンドでログを抽出できたりすると何かと便利です。 いままでも下記の記事でこれらの出力を行いました。 ログ抽出コマンド特集 その1 cat+grep+sort 私が本 …

no image

nginxの設定&php-fpmインストール

本日、久しぶりにPHPのWebアプリを別サーバーに移行したのですが、nginxの設定でかなり手間取りましたのでちょっと記録しておきます。 Contents1 nginxの設定1.1 インストール1.2 …

no image

Amazon SESでの受信→S3→Lambdaでのメール転送

SESでのメール受信についてエントリーを書いたのですが、実際にLambdaで転送して別のメールアドレスで受け取るまで。 Amazon SESについて(Route53登録→SESで受信→S3で保存) え …