skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

jenkinsでのSSH鍵認証&herokuからのソース取得

投稿日:2017年6月19日 更新日:

jenkinsでGitからソースを取得するときに鍵認証をかけている場合はそれ用の設定が必要になります。

基本的な考え方ですが、userがjenkinsだったときに、ssh鍵認証やherokuでどのようにソースを取得するかを考えればOK

SSH鍵認証

前提条件

/var/lib/jenkins/.sshにGitのサーバーにアクセスできる秘密鍵を置いておく or SSHのconfigファイルをおいておき、GitのサーバーにSSHコマンドでアクセスできるようになっていればOK

※SSHのconfigの書き方はこちらから。
Git+SSH鍵認証

jenkinsでの設定

  • 各プロジェクトのソースコード管理画面に行き、Gitにチェックを入れ、ソースのURLを入力します。
  • RepositoryのCredentialsのaddを入力します。(スコープにはグローバルを選択し、ここでソースのあるサーバーに入るときのユーザー名とパスワードを入力しておきましょう。)
  • Credentialsの設定画面(Jenkins一覧画面→認証情報→グローバルドメイン→addしたユーザー)で秘密鍵にはJenkinsマスター上の~/.sshからを選択しましょう。
  • RepositoryURLの下の赤色のエラーメッセージがでていなければOKです。
  • 実験として試しにビルドをしてみてビルドが実行されればOKです。

参考リンク

開発者(個人)のためのJenkins – Git Plugin編
JenkinsとGitサーバーを連携してビルド環境を構築する

heroku

1 jenkinsでプロジェクト作成(Gitは登録しなくてOK)

2 この段階でビルドをするとこけるはず。

3 ソースをプロジェクト直下(workplace)に自力で配置する。(herokuコマンドを使うことになります。)

前提としてjenkinsサーバーにheroku(当然rubyも)が入っており、suでjenkinsになれることが条件。なっていない場合は下記のように書き換え

4 jenkinsでプロジェクト画面に戻り、GitのRepositoryの部分に、先ほど控えたリポジトリのURLを入力し、赤いエラーメッセージがでなければOK。

5 後は試しに、変更した後、ビルドしてソースが反映されていればOK。

参考リンク

herokuインストール
JenkinsからHerokuへデプロイする

-サーバー・ネットワーク
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vagrantで仮想環境を別PCにコピー

vagrantで自分の作った環境を他人にコピーしたい機会があり、なんとか成功したのでメモします。いや~便利ですね・・・ 環境は vagrant 1.7.4 win8 です。 Contents1 準備2 …

no image

WinSCPの活用法

WinSCPの活用方法などについて WinSCPでZIPの解凍、ZIPへの圧縮を右クリックからカスタムコマンドで実行できるようにする。 特にzipでファイルを固める処理はよくやるので覚えておきましょう …

no image

nginxのデバッグ

今までいろいろと苦しめられてきた(汗)nginxのデバッグについて。 まず任意の文字や変数をログに出すことができます。 Contents1 変数の出力1.1 rewriteデバッグ2 小ネタ 変数の出 …

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

POP3を使ったメール受信

メールの送信と比べると、プログラムで描く頻度は少ないですが、メールの受信について。 Contents1 POP3サーバー2 プログラムにてPOP3サーバーと通信3 PHPにてメールを取得する場合 PO …