skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

投稿日:

重すぎるOLTP

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

速度を要求されるシステムなのに、遅いためユーザー離脱などにつながる。

対策

  • 早い段階でのプロトタイプでの性能確認(大量データでの性能確認)
  • 業務要件自体が無理
  • 非正規化
  • 実行計画での早期確認
  • 早い段階での集計表作成

DATE型の型の不統一

デメリット

規約が不十分なため、yyyymmddとyyyymmddhhmmssが混じるなど

対策

  • 規約の再定義
  • 時分秒があるときは00:00:00を入れると事故(意図した検索結果が出力されない)の元になる
  • 日付を検索するときは原則、時分秒までいれていいとおもう(個人的には。)
  • check制約を入れるのもあり
  • データベースだけではなく、画面表示なども混乱することが多い(ライブラリなどで統一した表記にしておいたほうがいいかも)

データ量の想定が甘い

デメリット

システム構築後数年たって、データ量が増えすぎ、パフォーマンスが劣化する

いざ削除しようと思っても、削除していいデータかどうかわからず削除ができない

対策

  • データ削除機能(物理削除)を持たせる
  • 概算値でいいので、データの蓄積量を決める
  • 設計段階でのCRUDの意識

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL結合 サブクエリに関して

今回はサブクエリに関してです。 もちろんSQL実践入門を読み進めています。 SQL上ではテーブル、ビュー、サブクエリというのは機能的にはそれほど変わらず主にパフォーマンスの点で違いがでてきます。 以下 …

no image

浮動小数点に関して

金額計算なんかでfloatを使うと誤差が出るっていうのは基礎的な話ではありますが、背景知識を含めて理解しておこうと思ったのでメモります。 Contents1 float,doubleでの誤差2 金額の …

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

MySQLの大文字、小文字問題について

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。 数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。 つまりa …

アーカイブ