skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

投稿日:

リトライ

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

リトライが繰り返し発生することによる負荷の増大。サーバー再起動以外で切り抜けられないことが多い。

対策

  • リトライ回数の上限設定
  • 負荷の考慮
  • タイムアウト制限時間の考慮

バッチ分割

デメリット

トランザクションが長すぎて、最後のほうでエラーになる。バッチが途中でエラーになったが中途半端にデータが更新されてしまっている。

対策

  • 処理分割をきっちり行う
  • 例外に対する認識を常に持っておく
  • バッチの適切な分割(基本的にはワントランザクションで対処したほうがいいが、長すぎるのも危険)。
  • 不用意なautocommitをしない
  • リソースの監視
  • 再実行のことを考えた分割にしておく

バッチ再利用不可

デメリット

エラーが発生しても失敗したところから再実行できない。バッチ中に初期化やクリアの処理が入っていない

対策

  • 例外に対する認識を必ず持っておく
  • 処理が正常に進んでいるか否か、プロセス的なログ、テーブルの用意
  • 適切な分割

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MySQLのSETとFIND_IN_SETについて

MySQLの方ですが、単純な文字列や、数字、日付の他に配列に近いSET型、また5.7以降ではJSONなどを入れることができます。 Contents1 SET型2 FIND_IN_SET SET型 いわ …

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …

no image

MySQLのレプリケーションについて

MySQLのレプリケーションについて調べたことなどを。 Contents1 レプリケーションの基礎知識1.1 定義1.2 構成1.3 メリット1.3.1 参照性能の向上1.3.2 可用性の向上1.4 …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …