skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

投稿日:

リトライ

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

リトライが繰り返し発生することによる負荷の増大。サーバー再起動以外で切り抜けられないことが多い。

対策

  • リトライ回数の上限設定
  • 負荷の考慮
  • タイムアウト制限時間の考慮

バッチ分割

デメリット

トランザクションが長すぎて、最後のほうでエラーになる。バッチが途中でエラーになったが中途半端にデータが更新されてしまっている。

対策

  • 処理分割をきっちり行う
  • 例外に対する認識を常に持っておく
  • バッチの適切な分割(基本的にはワントランザクションで対処したほうがいいが、長すぎるのも危険)。
  • 不用意なautocommitをしない
  • リソースの監視
  • 再実行のことを考えた分割にしておく

バッチ再利用不可

デメリット

エラーが発生しても失敗したところから再実行できない。バッチ中に初期化やクリアの処理が入っていない

対策

  • 例外に対する認識を必ず持っておく
  • 処理が正常に進んでいるか否か、プロセス的なログ、テーブルの用意
  • 適切な分割

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CASE式のすすめ その3

本日もCASE式です。 下記のようなテーブル(studentclub)があるとします。 std_id | club_id | club_name | main_club_flg —&#82 …

no image

DBUtils活用

普段はJavaEEで開発を行っているのでデータベースへのアクセスはJPAを活用しています。 ただ、JavaEE環境だとglassfish経由でデータベースを動かしているので、glassfishを動かさ …

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …

no image

正規化のデメリット

Contents1 正規化のデメリット2 本日のSQL 正規化のデメリット 正規化についていろいろ書いてきましたが、メリットもあればデメリットもあります。 メリットとしては データの不整合が起きにくい …

no image

アンチパターン 連鎖倒産+エラー監視+データのバックアップ

本日は主にインフラの設計的なことに関して。 Contents1 連鎖倒産1.1 デメリット1.2 対策2 エラー監視2.1 デメリット2.2 対策3 データのバックアップ体制3.1 デメリット3.2 …