skillup

技術ブログ

PHP

PHPにおけるstaticキャッシュ

投稿日:2017年7月12日 更新日:

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。

PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

ここでも紹介しましたが設定情報の読み込みだったり、マスタ的な情報を保存しておく場合はmemcachedがベストだと思います。

ただ、もっと局所的な部分ではstatic変数を利用したキャッシュも使えます。

例えばループの中でデータベースからあるキーを元にデータを取り出したい。ただし、重複することもあり、その場合、何度もデータベースにアクセスしていると非常に時間と負荷がかかります。

このような場合、一度呼び出された値はキャッシュしておくと、時間と負荷を軽減することができます。

下記がコード例です。

参考リンク

過負荷に耐えるWEBサービス作成のための使えるPHPキャッシュテクニックまとめ

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

インメモリデータベース redis

インメモリデータベースのredis(レディース)について。 キャッシュとして以前はmemcachedを使っていましたが、いろいろ多機能ということでredisをちょっと触ってみようかと。 Content …

no image

PHPでの空白削除に関して

PHPで空白を削除する方法についてメモします。 trimについて 空白を削除する関数といえばtrimが何といっても一番有名でしょう。

no image

dateTimeの使い方

phpの日付ライブラリであるdateTimeについて。 Contents1 過去のリンク2 頻出表現3 リンク 過去のリンク CakePHP3 日付ライブラリ(Time)について http://ski …

no image

Queueの登録と実際の処理に関して

実務でQueueに絡んだ処理をする機会があったのでメモ。 Contents1 Queueとは2 Laravelでのキュー処理2.1 キューを記録しておく場所2.2 処理を登録する場面(当然まだ処理は行 …

no image

cakePHP Tips

cakeでの気づいたTipsなど。 知っているといろんな部分で開発が楽になります。 Contents1 作成日と更新日の自動設定2 scaffold3 新規登録と編集画面の作成4 htmlヘルパー5 …