skillup

技術ブログ

PHP

PHPにおけるstaticキャッシュ

投稿日:2017年7月12日 更新日:

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。

PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

ここでも紹介しましたが設定情報の読み込みだったり、マスタ的な情報を保存しておく場合はmemcachedがベストだと思います。

ただ、もっと局所的な部分ではstatic変数を利用したキャッシュも使えます。

例えばループの中でデータベースからあるキーを元にデータを取り出したい。ただし、重複することもあり、その場合、何度もデータベースにアクセスしていると非常に時間と負荷がかかります。

このような場合、一度呼び出された値はキャッシュしておくと、時間と負荷を軽減することができます。

下記がコード例です。

参考リンク

過負荷に耐えるWEBサービス作成のための使えるPHPキャッシュテクニックまとめ

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

composer経由でのpearライブラリのインストール

2018年7月現在、PHPのライブラリはほとんどComposer経由でインストールできるかと思いますが、稀にComposerに対応していないものもあり、その場合、pearから取得してくる必要があります …

no image

CakePHP3系でのテスト処理

以前CakePHP2系のテストは書きましたが、3系は若干仕様が違いますので、3について書こうと思います。例によってエントリーレベルですが。 Contents1 準備1.1 phpunit1.2 テスト …

no image

php-fpmに関して

今回はphp-fpmに関して。会社のサーバー(このブログが載っているサーバー)がこれ使ってて、メモリをやたら消費しており、設定を見直す必要があったので、リサーチ。 Contents1 php-fpmと …

no image

Traitによるコードの再利用

PHPでは多重継承が禁じられて(親は1つしかもてない)いるため、共通性のあるコードを書こうと思った時に親にかいていない場合限界があります。 そんな時に使えるのがTraitという考え方で、これを使います …

no image

クラスメソッドとインスタンスメソッド

以前staticメソッドを定義したときに、記法がインスタンスメソッドの呼び方でも呼べてしまうことがあったので、これを機にインスタンス・クラス×変数・メソッドちょっと調べてみました。 言葉で書くよりコー …

アーカイブ