skillup

技術ブログ

Database

アンチパターン 連鎖倒産+エラー監視+データのバックアップ

投稿日:

本日は主にインフラの設計的なことに関して。

連鎖倒産

いい言い方が思いつかなかったんでこんな感じにしました(汗)要はあるサーバーのレスポンスが悪いことが原因で他の業務が遅延し、影響を受けることです。

デメリット

  • 重要でないちょっとしたサービスの停止で他のシステムが止まる、などということが起こる
  • あるシステムがハングし、適切なエラーを返さないため、いつまでも応答を待ってしまう

対策

  • エラー時の対策、障害テスト。基本正常系を前提としないこと
  • 受け取るだけ受け取って、そのトランザクションは一旦終わりにし、その後の処理は別のトランザクションで行う(キューイング)
  • 同期と非同期を分けること
  • 基本マイナス思考(どこかしらでシステムが落ちる、失敗する)で考えること(汗)
  • 他のAPIなどを使っている場合も要注意。

エラー監視

正常に稼働しているかどうかの確認。

デメリット

  • 異常時の検知(サーバーの死活だけでなく、ユーザー権限なども注意)が遅れる
  • バッチ時の処理などすぐにはわからないもの

対策

  • 人間の注意力を過信しすぎないこと
  • 監視ツールでのテンプレートを参考にする
  • DB構築の中のプロセスの1つに入れる

データのバックアップ体制

バックアップをしていない。障害への対策が弱い

デメリット

  • いざというときに欲しいときにデータが得られない

対策

  • リカバリについてフルバックアップ(いわゆる全データのバックアップ)以外にも差分バックアップなどの方法に熟知しておく
  • DB構築時の手順書の中などにバックアップの考えを入れておく
  • やや別件だが障害対策時はてんぱっていることが多いので、処理をその場で考えずフローを書いておき頭から実行するのが良い

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

集合としてのSQL

今まで何度かSQLが集合ということを扱ってきました。 今回はそれがよくわかる例を。 実務ではあまりないと思うのですが、集合をイメージしやすい例題として、2つのテーブルが全く同じケースを考えます。 下記 …

no image

persistence.xmlのプロパティについて

JavaEEではデータベースとの設定情報はpersistence.xmlに記述します。 (ユーザー名、パスワード、ポート、driver名、データベース名などの情報はglassfish-resource …

no image

Postgresの基礎(主にMySQLとの違いなど)

えー来月(2020年3月)より、postgresを使うかもしれないので、ちょっと復習を。 Contents1 以前のリンク2 基本コマンド比較2.1 超頻出系3 テーブル比較4 SELECT文5 do …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

MySQLのSETとFIND_IN_SETについて

MySQLの方ですが、単純な文字列や、数字、日付の他に配列に近いSET型、また5.7以降ではJSONなどを入れることができます。 Contents1 SET型2 FIND_IN_SET SET型 いわ …

アーカイブ