skillup

技術ブログ

Database

アンチパターン 連鎖倒産+エラー監視+データのバックアップ

投稿日:

本日は主にインフラの設計的なことに関して。

連鎖倒産

いい言い方が思いつかなかったんでこんな感じにしました(汗)要はあるサーバーのレスポンスが悪いことが原因で他の業務が遅延し、影響を受けることです。

デメリット

  • 重要でないちょっとしたサービスの停止で他のシステムが止まる、などということが起こる
  • あるシステムがハングし、適切なエラーを返さないため、いつまでも応答を待ってしまう

対策

  • エラー時の対策、障害テスト。基本正常系を前提としないこと
  • 受け取るだけ受け取って、そのトランザクションは一旦終わりにし、その後の処理は別のトランザクションで行う(キューイング)
  • 同期と非同期を分けること
  • 基本マイナス思考(どこかしらでシステムが落ちる、失敗する)で考えること(汗)
  • 他のAPIなどを使っている場合も要注意。

エラー監視

正常に稼働しているかどうかの確認。

デメリット

  • 異常時の検知(サーバーの死活だけでなく、ユーザー権限なども注意)が遅れる
  • バッチ時の処理などすぐにはわからないもの

対策

  • 人間の注意力を過信しすぎないこと
  • 監視ツールでのテンプレートを参考にする
  • DB構築の中のプロセスの1つに入れる

データのバックアップ体制

バックアップをしていない。障害への対策が弱い

デメリット

  • いざというときに欲しいときにデータが得られない

対策

  • リカバリについてフルバックアップ(いわゆる全データのバックアップ)以外にも差分バックアップなどの方法に熟知しておく
  • DB構築時の手順書の中などにバックアップの考えを入れておく
  • やや別件だが障害対策時はてんぱっていることが多いので、処理をその場で考えずフローを書いておき頭から実行するのが良い

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

データベースアンチパターン・グレーパターンまとめ

本で勉強したものと自分で個人的に経験したことのまとめ Contents1 値渡しと参照渡しの混同2 型の制約が弱い3 変更していいデータ、していけないデータ4 参照系と履歴系のデータを区別する5 リレ …

no image

Firebaseについて

前回Lambdaに少し触れましたが、2019年6月現在、サーバーレスなアプリというものが活況(?)のようです。 大規模なアプリというと Webサーバー+RDB+サーバーサイドプログラミング言語 が必須 …

no image

外部結合 応用編2

引き続き結合についてです。 Contents1 1対Nの結合に関して2 完全外部結合3 差集合(class_aだけに存在するものとclass_bだけに存在するもの)3.1 class_aのみ3.2 c …