skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般

オブジェクト指向 ドメインモデル

投稿日:2017年7月25日 更新日:

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。

本日は主にドメインモデルの考え方について。

ドメインモデルの考え方

要点

  • 業務的な関心ごととドメインモデルの結合
  • 分析、設計、実装、それぞれのフェーズでの考え方
  • なるべく具体的で業務に直結したオブジェクトを設計する
  • 大きい単位はパッケージにする
  • 関心ごとはクラスにする
  • 業務フロー図とパッケージ図
  • 業務の関心ごとというのは主にイベント(取引データ系)とリソース(マスタ系)とサマリー系(集計と履歴)
  • 業務上の約束事をメソッドにする
  • 業務関心をメモしていく
  • 業務の言葉とコードを一緒にする
  • ドメインをボトムアップで業務の関心ごとから再構成する

感想

MVCいうとModelにやや近いでしょうか。肥大化するモデルを分割、整理しようというのがドメインモデルのメリットの1つでもあるようです。

リンク先はMVCとドメインモデルの関連に関して。まとまっててわかりやすいなー。私もこれぐらいすっきり説明できるようになりたい。

MVCのモデルを分割する方法

-アーキテクト設計全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Facadeパターンについて(Laravelを題材に)

LaravelのFacadeについて自作する機会があったので、メモ。 デザインパターンの一種かと思います。 Contents1 サンプル2 使い所3 メリット4 デメリット5 参考リンク サンプル h …

no image

オブジェクト指向 プレゼンテーション層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日はプレゼンテーション層、いわゆるMVCのViewにあたる部分。 Contents1 プレゼンテーション層の考え方1.1 要点1. …

no image

オブジェクト指向について その3

今回は場合分けによる変更コストとオブジェクト指向のメリットについてです。 例えば給付金が発生して、その金額を死亡時、退職時、通常時で場合分けするとき、if-elseで書けば下記のようになります。 [c …

no image

オブジェクト指向 値オブジェクトの活用と場合分けに関して

オブジェクト指向 その1 オブジェクト指向 その2 オブジェクト指向 その3 でオブジェクト指向に触れたんですが、基本から勉強しなおす必要があると思い、まとめ&追記 参考文献 現場で役に立つシステム設 …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …

アーカイブ