skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

投稿日:2017年7月25日 更新日:

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。

本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。

AP層

要点

  • AP層はサービスクラスなどと呼ばれるが、完全に合致するものではない様子。
  • AP層(サービスクラス)は進行役であり、業務ロジック自体はかかない→ここに業務ロジックを書くとすぐに肥大化してしまうため。
  • 業務ロジックはサービスクラスに書かずにドメインオブジェクトに任せる
  • 1つのドメインオブジェクトが複数のAP層から利用されているのが正しい使われ方である
  • AP層(サービスクラス)、プレゼンテーション層、データベース層をそれぞれ独立させる
  • 業務ロジックをAP層に集中させない
  • 登録と参照のロジックを分離する
  • リポジトリはデータベースとサービスクラスの橋渡し的な役割。基本的にこのリポジトリを利用して業務データの記録や参照などを行う。
  • ただしリポジトリで行うものはデータベース操作ではなく、業務の関心ごととして記述するためのもの
  • サービス層にデータベース操作の詳細を意識させない(隠す)工夫
  • 画面の多様な要求は小さく分けて整理する

感想

いままでは業務ロジックのほとんどをいわゆるコントローラに書いてました。というかそういうものだと思ってました。基本的には(MVC+Util)みたいな感じで使っていたので・・・。ドメインオブジェクトを設計するとドメインにあたるもの(リポジトリ)に処理を任せることが多く、サービスはそれを呼び出して進める・・ということで解決できそう。こうすると複数の画面で似たような処理が起こってもドメインオブジェクトに処理を書いておけば共通化することができます。こういった設計思想の知識が全然なってないなー。

以下、用語の自分なりの解釈(ソースを触りながら多分修正することになりそうですが・・・)

用語

Service

コントローラとモデルの中間的な要素。実務でこういったクラスをみたことはあるのですが、自分の中でまだうまく言語化できていませんね・・・

Webアプリケーションのサービスクラスとは何か

Repository

データを直接データベースに格納するのに必要な処理をまとめたクラス。ただしINSERTやUPDATEといったSQLというよりは「業務レベルでの永続化の手続き」。これがあることでプレゼンテーション層とAP層はデータベースのことについて考えなくてすむ。いわゆる隠蔽できる。

Entity

テーブルをオブジェクト化したもの。

Value Object

テーブル以外の数量や金額などをオブジェクトかしたもの。いわゆるstringやintなどをラッピングしてこのクラスにしていると思われる。

上記の使い分けはむずい・・・あとはひたすらコードをみて(ただ書いて動かすだけではなく背景にある思想まで理解していないとダメ・・)

参考リンクなど

Webアプリケーションの構成に関する予備知識

中規模Web開発のためのMVC分割とレイヤアーキテクチャ

-アーキテクト設計全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向設計 依存関係の管理

オブジェクト指向シリーズ。読みにくい本が多い中でオブジェクト指向設計実践ガイドは勉強になるなー。 Contents1 依存関係の管理1.1 メモ1.2 実際のコーディング上のコツ1.3 感想 依存関係 …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

ステートパターンについて

トランザクション系のデータの場合、スタータスの遷移がキーになることが多く、仕様の把握に関してこの部分の理解が重要です。 今まで、ステータスの遷移に関してはExcelを使って表現していたことが多かったの …

no image

キャッシュの使い所とメリデメに関して(主に一覧系の処理に関して)

現在のプロジェクトがかなりの規模のECサイトになるため、正確性とパフォーマンスのトレードオフなどが先日議題にあがりました。 完全なトレードオフではないのかもしれませんが、比較的あちらをたてればこちらが …

no image

オブジェクト指向について その2

前回のエントリーのように、データとロジックを一体で考えるのは、処理状の有効性のみならず、よりユーザー側に近い処理をかくということにもつながります。 日付の問題に関してもintやshortよりはLoca …

アーカイブ