skillup

技術ブログ

ドキュメント作成

EntityとValue Objectについて

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ドメイン駆動設計に関して勉強しています。参考にしている本がやたら難しいんで、トピックごとにネットで調べつつ進めていくのがよさげです。

今回はEntityとValueObjectについて

Entity

一般的にはテーブルをオブジェクトであらわたしたものがこれになることが多いようですが、もちろんイコールではありません。

しっかりとした定義としては下記のようなことがあげられます。

  • ユニークになるキーが存在する(必ず一意になる)
  • 内部の値が可変
  • ライフサイクル(生成→消滅)がある
  • 一般的には「顧客」などがEntityになることが多い

Value Object

Entityや他のValue Objectの「属性」として定義されます。下記のような特徴あり。

  • テーブルとして存在することがない
  • 値が不変。値の変更がある場合は、新しいものを別に作る必要があり
  • 一般的には顧客の名前、電話番号など属性の1つ1つがValue Objectとなることが多い

Domain-Driven Designのエッセンス 第2回 DDDの基礎と実践

戦術的DDD基本原則まとめ

実際のソース

ECCUBE3はどうやらドメイン駆動設計されているようでパッケージがController,Factory,Repository,Entity,などと分かれています。

そこでECCUBE3をみて実際にEntityなどで書かれているものを見てみます。

Entity内のプロパティ・メソッド

例: 注文(order)

プロパティ

  • 注文明細
  • 配送先
  • 顧客

ステータス系の値

複数持つ場合はすべてCollectionで持つ

メソッド

  • 商品種別のリストの獲得
  • 総数量・総金額値の獲得
  • 配送先情報の取得

基本的には関連する属性を取得・集計・判定するタイプのものが多い

-ドキュメント作成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

使える設計書作成に関して

私自身、この仕事を7〜8年やっておりますが、設計書作成については常に悩まされておりました。 設計書のメリット・デメリットとしては以下のようなものですかね。 メリット メンバー間での仕様の認識を統一でき …

no image

単体テスト仕様書について

おそらく開発者が書きたくないものの筆頭になるかと思う単体テスト仕様書ですが、うまく使うと有益なコミニケーションツールになります。 Contents1 ユーザーのフロー体験・説明書2 前提となるデータ3 …

no image

30分で完成! テーブル定義書&ER図 自動作成

現在携わっているプロジェクトでテーブル定義書やER図を作成することに。 えーこういった資料の特徴として、 年月を経るごとに本番との差分ができてしまい、結局だれも見ない・・・なんてことになりがちですよね …

no image

外結〜運用フェーズでの気をつけることなど

外結以降のフェーズで注意することなど。(主に障害発生時の原因切り分け) Contents1 エラーの情報伝達に関して2 ログの見方3 デプロイ4 タスクコミュニケーション(タスク管理ツール)5 チャッ …

no image

データベースのテスト環境作成

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。 こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ 1 現状運用されているデータ …

アーカイブ