skillup

技術ブログ

ドキュメント作成

EntityとValue Objectについて

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ドメイン駆動設計に関して勉強しています。参考にしている本がやたら難しいんで、トピックごとにネットで調べつつ進めていくのがよさげです。

今回はEntityとValueObjectについて

Entity

一般的にはテーブルをオブジェクトであらわたしたものがこれになることが多いようですが、もちろんイコールではありません。

しっかりとした定義としては下記のようなことがあげられます。

  • ユニークになるキーが存在する(必ず一意になる)
  • 内部の値が可変
  • ライフサイクル(生成→消滅)がある
  • 一般的には「顧客」などがEntityになることが多い

Value Object

Entityや他のValue Objectの「属性」として定義されます。下記のような特徴あり。

  • テーブルとして存在することがない
  • 値が不変。値の変更がある場合は、新しいものを別に作る必要があり
  • 一般的には顧客の名前、電話番号など属性の1つ1つがValue Objectとなることが多い

Domain-Driven Designのエッセンス 第2回 DDDの基礎と実践

戦術的DDD基本原則まとめ

実際のソース

ECCUBE3はどうやらドメイン駆動設計されているようでパッケージがController,Factory,Repository,Entity,などと分かれています。

そこでECCUBE3をみて実際にEntityなどで書かれているものを見てみます。

Entity内のプロパティ・メソッド

例: 注文(order)

プロパティ

  • 注文明細
  • 配送先
  • 顧客

ステータス系の値

複数持つ場合はすべてCollectionで持つ

メソッド

  • 商品種別のリストの獲得
  • 総数量・総金額値の獲得
  • 配送先情報の取得

基本的には関連する属性を取得・集計・判定するタイプのものが多い

-ドキュメント作成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プロジェクトマネジメントについて

ある程度、大規模なプロジェクトを経験させていただき、経験だけでなくプロジェクトマネジメントを体系的に理解しておきたいため、ポツポツと本を読んでます。 比較的初心者でも読みやすいと思った本としてを2冊メ …

no image

開発時最低限必要かつ有用なドキュメントに関して

ウォーターフォール型の開発をかれこれ1年近くやっております。 自分がやってきた仕事とすると別職種に近いようなイメージでしたが、得ることも多かったため、ここに記しておこうと思います。 以前書いたことの記 …

no image

APIのエラーコードに関して

APIのよく使われるHTTPステータスコードに関して。 基礎の基礎で当たり前に使ってましたが、基本的なことに関してまとめ。 主に4XXエラーのタイプ分けに関して。 Contents1 2002 400 …

no image

使える設計書作成に関して

私自身、この仕事を7〜8年やっておりますが、設計書作成については常に悩まされておりました。 設計書のメリット・デメリットとしては以下のようなものですかね。 メリット メンバー間での仕様の認識を統一でき …

no image

テストについて

本日は完全自分用です。私以外の人間が見ても意味不明かもです(汗) Contents1 大事だと思う考え方2 検索系2.1 未チェック時2.2 キーワード系 1:Nパターン(主にキーワードなど)2.3 …