skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般

オブジェクト指向設計 単一責任のクラスの設計

投稿日:2017年8月23日 更新日:

オブジェクト指向をするうえでの大事なポイントなど

単一責任のクラス設計

メモ

  • 単一責任のクラスの設計(そのクラスの関心ごとは1つにすべき)
  • クラスだけではなくメソッドも単一責任の原則にする
  • 例えばインスタンス変数の変更などは一般的には影響度が非常に大きい(現時点でインスタンスを呼び出している場所すべてに影響を与える)
    その場合、クラスを分離する、などの選択肢もある
  • クラスの性質を一言で説明できるようにする(あれもこれもの場合には複数になっていることが多い)
    その場合、分離を考える(分離が必ずしも善ではない。)
  • 日本語自体でクラスの性質が通るか考えてみる(参考書P43のといかけ)
  • セッター、ゲッターの意図はインスタンス変数の隠蔽と、変更時に変更コストを1か所にすることができるため
  • データ構造自体に依存するようなケースもあるため、ラッパーメソッドを使う(p49参照)
  • なんらかの構造に依存するようなコード(例えば配列のインデックス)はさけ、クラスで定義し内部構造に触らなくする(p49参照)
  • 単一でない場合はその構造を隔離することを考える

実際のコーディング上のコツ

  • クラスはできる限り最小にする(メソッドはできれば10以内)
  • メソッドの行数はなるべく少なくする(目安として20行以内)
  • データベースやWebからの変数の依存度を下げる(依存度が上がるとテストが難しくなる)
  • 他のクラスを必要とするような部分を極力すくなくする

感想

変更を予測することが困難なので、変更に備えて関心事でクラスをつくる。日本語で表記できるか否かという基準は大事。日本語が複雑になるようであればクラスを分けたほうがいいかも。3章の依存関係と合わせて、単一責任でない場合は隔離(別クラスとして定義)したほうがよさげ。

参考文献

オブジェクト指向設計実践ガイド

-アーキテクト設計全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マイクロサービスについて

マイクロサービスについて勉強したので少しメモを。 参考文献 Software Design 「2020年1月」 Contents1 マイクロサービスとは?1.1 具体例1.1.1 フロントエンドとバッ …

no image

自動テストをやる上で今まで障害だったこと

自動テストについて、考え方自体は5年以上前から知っていましたが、プロジェクトで実際に使われているのを見たのは今年4月になってからでした・・・ 自動テスト完備なんて昔は夢物語だと思ってたんですけどね・・ …

no image

event-listenerについて

前回Observeパターンに触れましたが、少し似たパターンとしてevent-listenerを使ったパターンが存在します。 Model(Eloquentのフック)というのが大まかな共通項ですかね。 そ …

no image

エラーの告知や収集、通知などについて

障害対応時は基本的にエラーの情報を見て以下のようなことを考えることになりますが、 どういうエラーを出すのか どのようにエラーを拾うのか システム管理者にどのように告知するのか などはいろいろ議論の余地 …

no image

Saml認証とSSO(シングルサインオン)について

現在の案件ではSaml認証でSSO(シングルサインオン)をつかっているのでこちらについての調査を。 Contents1 Saml認証とは2 Oauthとの違い3 仕組み4 Saml認証のメリット4.1 …

アーカイブ