skillup

技術ブログ

JavaScript

途中入力離脱防止処理 JavaScript

投稿日:2017年8月24日 更新日:

WordPressの入力画面なんかでは実装されていますが、途中で文字入力をしてページりだすをしようとするとブラウザのアラートがでます。これも一般のお問い合わせフォームなんかでも実装可能です。

この場合のJavaScriptのイベントはbeforeunloadらしいですね。ちなみにブラウザの戻るボタン、閉じるボタンでも有効に動きますのでかなり使えます。

ソース

注意点

  • 文字入力や画面になんらかのアクションがないと、離脱防止は動きません。開いて何もせずに「戻る」を押してしまうと、何も起きずに離脱してしまいます。そのため入力がないページでは意味がないです。(そんなケースで使うことはあまりないかと思いますが、自分がそのケースで結構ハマりました。)
  • 表示できる文言はどうやらブラウザによってはディフォルトから変更できないものもあるようです。
  • そのままだと通常の投稿の時のもイベントが起こってしまいますので、$(window).offでイベントをはずすか、フラグを使ってフラグがたっているときのみ処理を行います。
  • イベントを一旦外すとつけられません。通常の投稿ボタンではイベントを外すかと思いますが、キャンセルをしたときは外れたままになってしまいます。

参考リンク

ページ離脱防止のためにJavaScriptでアラートを表示する
ブラウザの閉じるイベント時に何かしたいのでbeforeunloadを使ってみる

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSでの他ファイル読み込み。requireやimportについて

JavaScriptに関して、知識が非常に古い段階で止まっているのでコツコツとアップデートをしております。 今回はrequireやimportなど、他のファイルの読み込みについてです。 PHPなどサー …

no image

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。 入力欄にフォーカスして、遷移したときに …

no image

gulpインストールとタスクの実行

今更ですが、gulpインストールと作業に関して。 less使ってたんですが、コンパイルをずっとatomのエディタで行っていたんですが、一般的にはgulpで実行する方のほうが多いでしょう。 別件でgul …

no image

cssフレームワークをnode_modulesから読み込む+cssの拡張

JavaScriptを1ファイルでまとめて読み込める方法が分かったので(参考リンク npmでのJSライブラリインストール)、CSSでも似たような方法があったのでメモ。 流れを言うと、下記のようになりま …

no image

yarnコマンド

JSやフロント側のライブラリを使うときはnpmを使ってたんですが、2〜3年前ぐらいからyarnというコマンドも使われているので、ちょっと調査を。 Contents1 yarnとは?2 よく使いそうなコ …

アーカイブ