skillup

技術ブログ

PHP

Laravel5.4インストール&ルーティング

投稿日:2017年9月13日 更新日:

来月からの仕事でLaravel5.4を使うことになったのでテストがてら自宅で勉強。

とりあえず下記リンクが参考になりました。

Laravel5.4でシンプルなCMSを作るチュートリアル

初めてのLaravel 5.1 : (6) データベースの環境設定

インストール

composerが入っていることが大前提になります。

バージョン指定しないと最新のものになります。

以前4系をいれてcomposer書き換えてアップデートしようとしましたが、失敗しました・・・かなり変わっているっぽいのでちょっと難しいかもしれません。

apacheの設定

例として/var/www/html/laravel5にアプリをインストールしたとします。

 

設定ファイル関連

config/app

ログの設定に関して

[Laravel]Laravel5.1のログ出力に関して調査したまとめ

データベース周り

.env

config/database.php ※env()の第2引数は.envに値がないときなので、ディフォルトでもOKです。

※ディフォルトでは’utf8mb4になっているがmb4があるとうごかないことありが入っているので外す’

 

ルーティング

例えばhttp://sample.com/posts/createというURLを作りたいときは下記のようにします。

routes/web.php

app/Http/Controllers/PostsController.php

Laravel5.4で使えるルーティングチートシート

実際にアクセスしてControllerに飛べばOKです。

ハマりポイント

「The only supported ciphers are AES-128-CBC and AES-256-CBC」なるエラーが。おそらくですがハッシュキーらしきものが生成されていないらしく、下記コマンドで解決しました。

さくらのVPS(CentOS7)にLaravel5.3をインストールする

本日はここまで(汗)

次回以降モデルとビューに入ろうかと思います。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Laravelの認証(独自テーブル仕様)

Laravelで独自の認証をしたいときに少々大変だったのでメモなどを。 *ディフォルトのテーブルはuserで認証項目もemailとpasswordと決まっています。 いじるところが色々ありまして、列挙 …

no image

PHPでの切り上げ誤差問題

PHPを初めて、4年近くたちますがいまだに知らんことが多いですね(爆) 本日は、

になるという非常にビックリな仕様に遭遇・・・ なにや …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …

no image

composer経由でのpearライブラリのインストール

2018年7月現在、PHPのライブラリはほとんどComposer経由でインストールできるかと思いますが、稀にComposerに対応していないものもあり、その場合、pearから取得してくる必要があります …

アーカイブ