skillup

技術ブログ

デザイン

css小ネタ

投稿日:

実務でCSSをゴリゴリ書く機会があり、力不足を感じたので、メモを。

  • ライブラリlessやsassを使うとスコープを設定できるのでかなり楽
  • 大まかな幅設定 スマホデザインの場合、幅を基本的に%で指定。pxだと横ずれの対処がきついときが結構あり。これはpositionなどでも同じ
  • リンクボタンでの画像系のワンポイントマーク(あまり幅がない系) 同一ブロック内にてbackgroundでずらしてサイズや位置の調整 あるいは before after系の要素に画像を入れる
  • リンクボタンでの画像系のワンポイントマーク(主に幅がある程度ある系)display:table とdisplay:table-cellでpositionで調整
  • 横中央寄せ ブロック margin:auto インライン text-align:center
  • 縦中央寄せ  ブロック position margin系内部が非画像&インラインかつ一行 line-height
  • 縦中央寄せ 画像があったり複数行 inline-block&vertical-align middle
  • 縦中央寄せ cssで縦方向中央に配置する方法(5つのケース+1)
  • 均等サイズブロック 完全にサイズが同じものならdisplay table &display table-cell。[CSS] display:tableを学ぶ
  • ヘッダーのロゴ+メニューなどは普通にブロック+float+ リストのinline-blockで幅指定。
  • メニューの枠線などはborderで記述。
  • 最後の幅サイズなどを調整するためにlast-childは結構使える
  • 画像の可変を使う場合にはimg要素に100%を付ける。※アイキャッチ系など常に100%のものを使うとき
  • 画像+複数行(物件のサムネ画像+複数行説明など)の説明はdisplay tableで分けて説明の部分を div,li,tableで分ける
  • div 項目間のバランスが違うときに便利 li 項目が同一の場合に有利 テーブル テーブルらしいものがるときに便利
  • background 位置やサイズをいろいろ変えられるので便利
  • displayごとの特性をよく理解しておく必要あり。
    要素の種類の指定のプロパティ(display)
    【CSS】displayの使い方を総まとめ!inlineやblockの違いは?
    display:tableを活用してみよう

-デザイン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

data- HTML5のカスタムデータについて

HTML5のカスタムデータ属性について。 HTML5ではタグにdata-*とすることで任意の値を持たせることができます。 いまさら聞けない、HTML5カスタムデータ属性の基本と使いどころ 例として下記 …

no image

共通CSSに必要な要素

簡単な業務アプリだとBootstrapなどのCSSフレームワークを使うことが多かったのですが、不必要な機能があることもあり、自作で非常に手軽なCSSを集めてこれを共通のCSSとして使うことが多いです。 …

no image

ブラウザ上でのドラッグ&ドロップの処理

あるシステムから別のシステムにデータを移すとき、一般的にはCSVを使うことが多いかと思います。 今携わっているシステムもそうなのですが、CSVのどの項目を選ぶかを変更したいときってありますよね。 以前 …

no image

フォーム入力のポイント

以前のエントリーにならってさらにフォーム入力のデザイン上のポイントなどを。 Contents1 選択肢は横よりも縦で2 エラーがすぐにわかる入力欄を3 会員登録ではメリットをわかりやすく4 必須項目は …

no image

キャッチ画像の扱いについて

今さらながらですが、サイトのトップなどに貼り付けるメインビジュアル系の画像の処置について。 スマホサイトオンリーだとあまり考えなくてもいいかもしれませんが、PCやレスポンシブの場合、ブラウザの幅が伸縮 …