skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

vagrant share

投稿日:

実はvagrantを使って仮想環境を一時的ではありますが、webから見ることができます。

1 まずはhttps://atlas.hashicorp.com/account/newにてアカウント登録。そのあとvagrant cloudにも登録(これが必要かどうかは不明)

2 そのあと、vagrantを起動している状態(up)でコンソールからvagrant login。パスワードとログインを求められますんで先ほど登録した情報を入力します。何やらtokenのようなものの入力を求められますが、ここは未入力にしました。※201710月現在。

3 そのあとはvagrant share。ngorkというソフトをダウンロードするような文言がでるため、ngorkというソフトをダウンロード。

を実行したらurlが発行されるので、アクセスすると無事つながりました。

通常は80のようですがおそらく別ソフト(Skype)を使っているので競合したのでしょう。

どうしてもweb上じゃないと確認が難しいこと、たとえば携帯サイトの確認などにはいいでしょう。

ただ一度に一つの端末しかアクセスできない、単位時間あたりのアクセスできる回数が限られている、などの欠点もあります。

参考リンク

Vagrant CloudのVagrant Shareを試してみたら凄すぎて鼻血出た

ngrokを使用してローカル環境を外部に公開する

Vagrantで作った仮想マシンを簡単に共有できる「Vagrant Share」を使ってみる

Vagrant share を使ってみる

Vagrant Share が便利すぎる話

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Firebaseでのミニアプリデプロイ

KVS的なDBを使うかもしれず、firebaseの復習をしております。以前、firebaseのサンプルなどちょこちょこ動かしましたが、firebaseに登録をしただけでデプロイまではしておりませんでし …

no image

ansible rolesなど

ansibleはある程度ファイルが肥大化してくると、管理するのが大変になります。 一般的にはプログラムのようにある程度のまとまりにわけてそれを読み込むということになります。 ある程度のまとまりのことを …

no image

nginxのデバッグ

今までいろいろと苦しめられてきた(汗)nginxのデバッグについて。 まず任意の文字や変数をログに出すことができます。 Contents1 変数の出力1.1 rewriteデバッグ2 小ネタ 変数の出 …

no image

SSHのfinger printに関して

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。 今回のお題はSSHのfinger printです。 初めてSSH先に接続するときに …

no image

laravel+vessel

現場のリーダー的な方に進められてVesselというDockerのインストールなどをサポートするツールを触ってみました。 特にlaravelのインストールなどに向いていますが、laravelでなくとも使 …

アーカイブ