skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

SSH鍵認証に関して

投稿日:2017年10月25日 更新日:

SSHの鍵認証についてやり方自体は流れ作業でできていましたが、根本的なところが理解していないので復習。

まずは通常の流れを。

1 クライアント(自分のPC)で公開鍵・秘密鍵を作成。 ssh-keygen コマンドを使います。
ssh-keygenコマンドを叩くと ~/.ssh ディレクトリが作成され、このなかに公開鍵(id_rsa.pub)と秘密鍵(id_rsa)が作られます。

2 サーバー側に公開鍵(id_rsa.pub)を配置します。配置といってもメールなどで送るのではなく、scpコマンドで送るのが正しい方法のようです。ちなみに外部のサービス(たとえばGitbuketやGitHub)などだとサーバーに送ることができないため、id_rsa.pubの内容(ただのテキスト)を登録します。

ちなみにGitHubには https://github.com/${USERNAME}.keys でアクセスすると鍵の情報を見ることができます。

3 サーバー側で鍵の登録をauthorized_keysに登録します。
具体的には

というコマンドを使い登録します。

4 これでクライアントとサーバーが通信することができます。

もちろん公開鍵と秘密鍵両方ないとダメです。原理はリンク参照。

追記

ppkという秘密鍵はputtey形式のものになり、Linuxサーバーだけでやりとりするケースでは使われません。WinSCPなどを使うときには必要になります。いつもWinSCP使ってるんで作ってましたが・・・

windowsでのgit導入手順

SSH認証鍵をBitbucketに設定

秘密鍵・公開鍵を作成する(Win)

WinSCP の秘密鍵の設定方法

参考リンク

SSH鍵認証について+CakePHP2でのセッション切れ

いつも↑のようにやることが多かったですが、どっちを接続される側におくか(ホスト側)、接続をお願いする側(一般的にはクライアント側)によって変わってきますね。

正しくは今回の記事のように

自分のPC(クライアント) 秘密鍵

サーバー(リモートホスト側) 公開鍵

なのですが、サーバー側で鍵を作って秘密鍵を各人に配布するケースもあります。

よくあるパターンとしては多人数が接続するパターンで各人から公開鍵を回収するのが大変なケースですね。

秘密鍵と公開鍵は、サーバー側(ssh接続される側)で作ろうがクライアント側(sshコマンドを打って接続しに行く側)で作ろうが、どっちでもいいそうな。

共通鍵暗号と公開鍵暗号の解説とSSHでの認証手順

SSHの仕組み!ぼんやりとした理解だったものをすっきりさせようの会

SSHなるものをよくわからずに使っている人のための手引書

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

pidファイルに関して

サーバー上であるサービスを動いている(と思っている)時にstopしようとしたらpidファイルがありませんと怒られました。 pidファイルってよく聞くけどわかっていなかったのでこれを機にメモ。 Linu …

no image

clamAV

ウイルスソフトclamAVのインストールと使用法について Contents1 インストール1.1 CentOS61.2 CentOS72 スキャン実行の設定に関して インストール CentOS6 [c …

no image

Sambaインストール

オフィスでサーバーをたてていますが、普段使っているメインのPCとのファイルのやりとりをSFTPクライアントなどでするのが面倒くさいので、同期させるためにSambaをインストールしました。 環境ですが、 …

no image

自力での監視

Zabbixの勉強を進めていますが、マニュアル通りに設定していて、中で何をやっているかをあまり理解していなかったりします。 それだとちょっとまずいのでZabbixでの構築とともに自力での監視スクリプト …

no image

ロードバランサーの構築(dockerを例に)

以前から興味のあったロードバランサーをdockerで構築。 Contents1 ロードバランサーとは?1.1 定義1.2 メリット1.2.1 負荷軽減1.2.2 可用性の向上1.2.3 拡張性の向上1 …

アーカイブ