skillup

技術ブログ

Database

複数GROUP BYでの注意

投稿日:

GROUP BYしたときに件数が増えるという現象があったので一応メモ。というか当たり前のことですが・・・

たとえば以下のようなテーブルがあったとします。

student

id student_name
1 ヤマダ
2 スズキ

club

id club_name
100 野球
200 サッカー
300 バスケ

student_club

student_id club_id
1 100
1 200
2 200
2 300

所属しているクラブの情報を出すには以下のSQLで出せます。

ここで生徒のidでgroupbyすると当然生徒単位になります。

気を付けないといけいないのですが、クラブ名がでることです。このクラブ名は当然ただしくないので注意しましょう。

ここで、生徒とクラブごとにgroupbyすると件数が増えます。他のキーがあれば当然件数が増えます。

当たり前のことなんですが、データが多かったり、テーブル構造が複雑だったりすると発見に時間がかかることが多いです。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

自己結合に関して

以前もこのエントリーで学習しましたが、SQLの結合では自己結合という考え方があります。 下記のようなテーブルProductsがあるとします。 name | price ——&# …

no image

PostgreSQLについて

本日はポスグレ(PostgreSQL)について。 自分はほとんどMySQLだったので、主にMySQLとの比較について書いていきます。 Contents1 アーキテクチャの違い1.1 MySQL1.2 …

no image

SQL 集計関数の利用

先日同様、ある程度複雑な問題のSQLに関して。出典はSQL実践入門。 問題 下記のようなテーブル(テーブル名)で より古い年のデータが存在しない場合 NULL 直近の年のデータより売り上げが伸びた場合 …

アーカイブ