skillup

技術ブログ

Database

複数GROUP BYでの注意

投稿日:

GROUP BYしたときに件数が増えるという現象があったので一応メモ。というか当たり前のことですが・・・

たとえば以下のようなテーブルがあったとします。

student

id student_name
1 ヤマダ
2 スズキ

club

id club_name
100 野球
200 サッカー
300 バスケ

student_club

student_id club_id
1 100
1 200
2 200
2 300

所属しているクラブの情報を出すには以下のSQLで出せます。

ここで生徒のidでgroupbyすると当然生徒単位になります。

気を付けないといけいないのですが、クラブ名がでることです。このクラブ名は当然ただしくないので注意しましょう。

ここで、生徒とクラブごとにgroupbyすると件数が増えます。他のキーがあれば当然件数が増えます。

当たり前のことなんですが、データが多かったり、テーブル構造が複雑だったりすると発見に時間がかかることが多いです。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

インデックスについて(SQLServer)

DBのインデックスについて、今までぼんやりと検索条件の効率化についてはしっていたのですが、もう少し掘り下げて理解する必要があるなと思い、メモります。 SQLServerのインデックスについてすごくまと …

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …

no image

CASE式のすすめ

SQL実践入門を7割がたぐらい終えたところで同著者の方の「達人に学ぶSQL徹底指南書」を学習しようと思っています。 この方の著書は気づいたら結構読んでましたね。 Contents1 CASE式での注意 …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

アーカイブ