skillup

技術ブログ

JavaScript

cssフレームワークをnode_modulesから読み込む+cssの拡張

投稿日:2017年11月25日 更新日:

JavaScriptを1ファイルでまとめて読み込める方法が分かったので(参考リンク npmでのJSライブラリインストール)、CSSでも似たような方法があったのでメモ。

流れを言うと、下記のようになります。

  1. npm コマンドでcssフレームワークを読み込み
  2. 自分で@importを記述し、npmで読み込んだファイルを読み込み(sassでコンパイルするのが一般的なようです。)

bulmaというcssを上記の方法で読み込んだので実例をメモします。

ファイル構成
|――node_modules (ここにインストールされています。)
|
bulma ─ css (ここに実際に使うcssを吐き出します。)
└── sass
├── main.sass
└── mystyle.scss

main.sass (コンパイルされる予定のsass)

mystyle.scss(オリジナルのcss)

gulpfile.js

もちろんpackage.jsonでもOKです。

あとは下記コマンドを実行すればcss直下のディレクトリにフレームワークのcssとオリジナルのcssがまとめてはかれます。

ちなみにcssフレームワークは読み込み前に定義しておけば、内部のパラメーターを変更できたり、cssフレームワーク内のクラスをさらに拡張したりすることができたりします。

*bulmaはできましたが、恐らく他のフレームワークでも同じかと思います。

参考リンク

Bootstrap 4 のビルドツールは npm-scripts で決まり

 

-JavaScript
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AngularJS テーブル行のソート入れ替え&ドラック&ドロップ

受注伝票みたいなものを作ると伝票の登録画面はヘッダーと明細に分かれますね。 私が携わったプロジェクトでは、大体一画面でヘッダー情報と明細情報を入力することが一般的でした。 今回AngularJSでその …

no image

オートコンプリートのプラグイン

最近だとフォームの入力画面で最初の数文字を入力すると候補を予測して表示してくれる機能(=オートコンプリート)があることが一般的ですね。 いろいろなプラグインがありますが、今回お勧めしたいのはBoots …

no image

vueでの配列、オブジェクトの反映に関して

vueでのハマりポイントですが、関門としては コンポーネント間の連携 オブジェクトや配列となった時に反映がされない などがあげられると思います。 コンポーネント間の連携に関してはこちらの記事でも書き、 …

no image

PHP(DBアクセス)→HTML→Angularを実行するために

AngularJSでデータベースをつかうときには$httpや$resourceを使うことが多いですが、それ以前にAngularを読み込んでデータベースにアクセスしないことも重要かと思っています。 とい …

no image

Firebaseについて

前回Lambdaに少し触れましたが、2019年6月現在、サーバーレスなアプリというものが活況(?)のようです。 大規模なアプリというと Webサーバー+RDB+サーバーサイドプログラミング言語 が必須 …