skillup

技術ブログ

デザイン

メインで使う画像のcssについて

投稿日:2017年11月27日 更新日:

CSSについていろいろと勉強したんですが、画像の使いに関して結構てこずったんでポイントをまとめておこうかと。

画像といっても商品の画像などワンポントでなくメインで使うタイプのものです。

  • imgタグをdisplay: block;をつける。つけないと縦幅認識しない。
  • 基本imgのタグに関して大きさに関して意識をもつこと。何も指定しないと画像本来の幅になる。%にするとカラムの幅割合をとる。設定が不適切だとはみ出します。
  • auto(画像サイズに依存),領域に依存(%表記),固定値の違いをしっかりと認識すること。
  • 画像の縮尺を守りたい場合はautoプロパティを使う。ディフォルトではこれだが意識づけのためにわざわざ書いたほうがいいかも。
  • 領域全体を埋めたい場合にはwidth:100%を使う(もちろん100以下の場合はその領域の何割かになる)。実際には幅は領域に会わせて、縦は自由に、といったパターンが多いためその場合、width:100%,height:autoになる。
  • 基本可変のサイズだがこのサイズ以上に広くしたくない、(狭くしたくない)場合にmax(or min)プロパティを使う。
  • 親要素(画像をくくっている要素)の大きさは基本的には画像のサイズによって値が可変になる。

一応いままで書いたもののリンクなども。

ワンポイント画像系のcssでの実装

cssでのmax,minや画像の配置に関して

実務でCSSを書く時のポイントについて

-デザイン
-,

執筆者:


  1. […] 参考リンク メインで使う画像のcssについて […]

  2. […] 参考リンク メインで使う画像のcssについて […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

backgroundやbox系のプロパティ

cssのbackground-imageについてちょっとまとめ。urlとかrepeatとかはとりあえずぬきで Contents1 背景画像の位置 background-postion2 背景画像のサイ …

no image

BrowserSyncを使ったホットリロードに関して

BrowserSyncを使ったブラウザのホットリロードに関して。 ホットリロードとは「エディタなどで更新があった際にブラウザがすぐに検知して、最新の状態に自動更新してくれる」状態にブラウザをすることで …

no image

data- HTML5のカスタムデータについて

HTML5のカスタムデータ属性について。 HTML5ではタグにdata-*とすることで任意の値を持たせることができます。 いまさら聞けない、HTML5カスタムデータ属性の基本と使いどころ 例として下記 …

no image

固定されたナビ(ヘッドとサイド)

boostrapでサイトを作るときにヘッダーとサイドバーを固定したいときについてメモします。 Contents1 ヘッダーを固定したい場合2 サイドバーを固定したい場合3 参考リンク ヘッダーを固定し …

no image

破綻しないCSSについて

業務では開発する人間があまりおらず、プログラム以外にもデザイン(CSSなどのレイアウト)やらサーバーやら一人ですべてやることが多いです。 CSSなんかは最初に触ってから4,5年は立ちますけど、系統的に …

アーカイブ