skillup

技術ブログ

Database

MySQLのLIMIT,OFFSETに関して&explainの見方など

投稿日:

自作のWEBアプリを作っていたところSELECT句が異常に遅いケースがありました。

発見までにかなり時間がかかったんですが、不可思議な現象としてはOFFSETが小さいときと大きいときで検索スピードが全然違うんですよね・・・

試しにexplainで調べてみるとrowのところの数値がoffsetの数がそのまま入っていました。(つまりoffsetの倍数そのままになります。)

てっきりORDER BYにindexが貼られて入れば、0件目でも100万件目でも全く変わらないと思っていましたが、実は違うようです。

対策としては下記のような感じでしょうか。

  • idなどの連続する値の場合はbetweenで挟む
  • offsetの始点にwhere条件を切り替えて検索する

OFFSETを使わない高速なページネーションの実現

あとは遅い原因の絞り込み方としてはexplainの活用がメインになりますね。

【MySQL】遅いselect文の原因を調査する【explainの読み方】

  • 基本rowsの数を少なくすることが目的
  • indexが適切に貼られているか、使われているか(explainのkeyをみて値が適切かどうかを見ましょう。)

自分の場合ですが、indexが適切に貼られているにも関わらずjoinを使った場合、型が片方はintもう片方はvarcharで高速化できない、ということがありましたまあ珍しいケースではあると思いますが、遅い場合には見ておきましょう。

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …

no image

MySQL小ネタ テーブル単位のリストア・SQLの小ネタ(バックスラッシュの検索)

MySQLのちょい小ネタ。 Contents1 テーブル単位でバックアップ&リストア2 バックスラッシュの入ったSQLについて テーブル単位でバックアップ&リストア 1 通常のdump(データベース単 …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …