skillup

技術ブログ

UI

検索ページの遷移に関して

投稿日:

検索ページの遷移に関してメモ。

基礎だが実際全部完全に網羅できているかというと不安な部分が多い。

基本仕様: 以下のようなページ構成を想定

  • 1ページ目は検索エリアと一覧が同時にでる
  • 一覧情報からはリンクで詳細画面に移動できる
  • ページャ―は1ページあたりいくつのリンク形式(インフィニティスクロールではない)

想定しないといけない遷移状態

  • 詳細ページから戻った時の検索状態の検索&ページャーの保存
  • 戻るのは戻るボタン&history.back
  • ページャーで1ページ目に移ったときに検索情報が保存されているか
  • パンや別リンクなどでうつったときにセッションやページャーがクリアされているか

よくある実装

  • 検索情報はGETで送り、セッションに保存する
  • 2ページ目以降はページ番号をGETで送り、検索情報はセッションで引き回す ※検索も含めてhiddenなどにいれて全てGETで回すということをすることもあり
  • 再検索された場合や、パンくずやリンクなどの場合、セッションを消す(ココが忘れやすいので注意)
  • リクエスト句(この場合GET)はセッションに常に優先する
  • 会員サイトなどだとPOSTで送信する分、historyback対策がやや大変。すべてsessionからデータを引っ張ってくる

特にhistoryback対策が大変です・・・

-UI
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

デザイ二ングインターフェイスのまとめ

デザイ二ングインターフェイスを今まで読んで実務にすぐ生かせそうな&ポイントとなりそうな箇所のまとめ Contents1 ユーザーを理解する2 ユーザーの行動パターン3 ポジショニング(情報の配置) 4 …

no image

ページレイアウトに関して

今回からは単一のページレイアウトの構成の考え方やテクニックについて。 一般的な傾向として、人間の視覚上の特徴というのは下記のような傾向があげられます。 人の視線は上から下、左から右へというのがディフォ …

no image

オートコンプリートのプラグイン

最近だとフォームの入力画面で最初の数文字を入力すると候補を予測して表示してくれる機能(=オートコンプリート)があることが一般的ですね。 いろいろなプラグインがありますが、今回お勧めしたいのはBoots …

no image

ユーザーの行動パターン

ソフトウェアデザインにおいて必要な要素の列挙 Contents1 安全な探求2 即座の喜び3 最小限での充足4 途中での方針変更5 回答の先送り6 少しずつの組み立て7 習慣化8 空間的な記憶9 展望 …

no image

AngularJS テーブル行のソート入れ替え&ドラック&ドロップ

受注伝票みたいなものを作ると伝票の登録画面はヘッダーと明細に分かれますね。 私が携わったプロジェクトでは、大体一画面でヘッダー情報と明細情報を入力することが一般的でした。 今回AngularJSでその …