skillup

技術ブログ

PHP

xdebugに関して

投稿日:

PHPでお手軽にできるdebugツールとしてxdebugを。

利点

  • var_dumpの結果が非常に見やすい(単純ですがこれが一番大きい理由です。)
  • POST,GET,SESSIOn,SERVERなどの変数の情報をみることもできる
  • スタックトレースがでるため、エラーの発生場所がわかりやすい

インストール

インストールできたあとかきのメッセージがでます。

Build process completed successfully
Installing ‘/usr/lib64/php/modules/xdebug.so’
install ok: channel://pecl.php.net/xdebug-2.5.5
configuration option “php_ini” is not set to php.ini location
You should add “zend_extension=/usr/lib64/php/modules/xdebug.so” to php.in

この後/etc/php.iniに以下の文言を追加してapacheを再起動すればOKです。

参考リンク

Xdebugのインストール

Xdebug による var_dump の機能拡張

Xdebugを使い倒す5つのTIPS

 

 

-PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPの開発事情 (PHPBrew/ビルトインサーバー/Xdebug/PHPUnit/Composer)

私自身、プログラミングは好きなんですがあまり現代の流行の技術に興味がありません(汗) IT業界はドッグイヤーならぬ、マウスイヤーとも呼ばれているようで、常に最新技術の動向には目を光らせていく必要があり …

no image

Cakeの共通処理

CakePHPだけに限りませんが、フレームワークの場合、オブジェクト指向の特徴を理解して、全ページに共通な処理などは個々のコントローラーに書くのではなく、もっと抽象度の高いクラスに書いたほうが保守性が …

no image

cake3でのバッチスクリプト

以前、cakeでのバッチをこちらのエントリーで書きましたが、今回は3系でのバッチの書き方について。 といってもほとんど同じですが・・・ Contents1 ディレクトリ2 ソース ディレクトリ src …

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …