skillup

技術ブログ

Database

MySQLでtext型が大量にあるもののリストア 

投稿日:

MySQLでのリストアについて。

先日実務でtext型のカラムが複数あるテーブルを読もうとしたら下記エラーがでてこけました。

なにやらカラム数が多い&TEXTorBLOB型だとこのエラーがでるようです。

対策

/etc/my.confに下記設定を追加し、再起動

TABLEの定義文にROW_FORMAT=DYNAMICかROW_FORMAT=COMPRESSEDをつける

これで読み込めました。

ちなみに、テーブルが数十あってあるテーブルだけこける場合、下記のようなやり方がおすすめです。

  1. ダンプファイルを下記方法でテーブルごとに区切る。
    参考MySQL小ネタ テーブル単位のリストア・SQLの小ネタ(バックスラッシュの検索)
  2. 問題のあるテーブルのファイル、外し、残りをcatで再度同一のテキストファイルにする

こうして読み込んでみましょう。

参考リンク

Row size too large (> 8126). が出たので、解決がてら周辺知識をまとめてみた

【MySQL5.6->5.7】 とてもたくさんの列をもったテーブルをつくりたい/Row size too large (> 8126)についてかんがえる

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

no image

JPAでのリレーション(アノテーション使用)

JPAでリレーションを管理するとき、最初はアノテーションでやろうとしたんですが、結局やり方がわからずコンストラクタ式をかいて対処してました。 JPAでのリレーションに関して 外部キー制約があるやり方は …

no image

Postgres リモートホストからの接続他

今まで使ってきたデータベースはMySQLがほとんどなのですが、最近少し、Postgresを触っています。 今回はパスワードの設定とリモートからの接続など。 Contents1 postgresへのログ …

no image

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

Contents1 重すぎるOLTP1.1 デメリット1.2 対策2 DATE型の型の不統一2.1 デメリット2.2 対策3 データ量の想定が甘い3.1 デメリット3.2 対策 重すぎるOLTP ※O …

no image

CASE式のすすめ その2

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。 Contents1 CASE式の利用2 UPDATE文のCASE3 テーブル同士のマッチング CASE式の利用 私自身はCHECK制約を使 …

アーカイブ