skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

mod_aliasに関して

投稿日:

同一ドメインでパスによってルートディレクトを分けたい時。

この場合、apacheの設定ファイルをいじることになります。

一般的にはhttpd.confではなく*.confと言った設定ファイルを使い、エイリアスを書くことが一般的です。

例えばtest2というパスがURLに入っていた場合、下記のように書きます。

厳密にいうと意図しない部分でtest2が入っていた場合にルートディレクトリィが切り替わってしまうので、正確を期すならば上記の場合はalias matchという構文を使った方がいいかもしれませんが・・・

またaliasで切り分けたURLはそれ自体が1つのものと見なされているようで、切り分けた後のルートディレクトリィでのURlの挙動が若干変わりました。

※自分の場合、携帯のサイトを別ディレクトリのLaravelのアプリで作成しましたが(URLにspが入っていたら別ディレクトリに切り分けるようにしました。)、ルーティングにspを入れたんですが反応せず、通常のルーティングで判断ができました。ここら辺はかなり難しいのでログでリダイレクトを見て判断しましょう。

参考

エイリアス(Alias)
mod_alias
ApacheのAliasMatchの設定

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

基本的なSSHの設定

一般的なサーバーのSSH対策に関して。素のままでいるとあっという間に不正アクセスの餌食になります。 ちなみにサーバーとしてSSHの設定をいじる場合は[crayon-662506e80610145587 …

no image

サーバーレスやPassについての所感など

firebaseについてここ数日ちょこちょこ触りました。一昔前はwebアプリというと、ほとんどがCentOSにapacheとMySQLを入れて・・・というパターンが大部分でしたが、2020年6月現在、 …

no image

OSキャッシュの仕組み

大規模サービス技術入門のつづきです。 主にOSのキャッシュメモリについてです。 メモリとディスクの速度差は10万倍~100万倍 いかにディスクへのアクセスを減らすかがポイント OSは各プロセスにメモリ …

no image

dockerでの環境構築 〜コンテナ作成し、実作業ができるまで(mac編)

今や環境構築の保存や移行などが比較的自由にできるようにはなってきていると思います。 自分の場合は未だにvagrantのイメージフォルダを移行してやっていますが(汗)。 参考リンク vagrantで仮想 …

no image

CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)

Contents1 CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)とは?2 被害3 対策4 参考(トークンチェック) CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)とは? ウェブサイトの中には …

アーカイブ