skillup

技術ブログ

デザイン

キャッチ画像の扱いについて

投稿日:2018年3月4日 更新日:

今さらながらですが、サイトのトップなどに貼り付けるメインビジュアル系の画像の処置について。

スマホサイトオンリーだとあまり考えなくてもいいかもしれませんが、PCやレスポンシブの場合、ブラウザの幅が伸縮することを前提として組まなくてはいけないので要注意です。

最適解があるわけではないですが、一応オススメの設定などを。

一般的には

  • 縦横の伸縮をしない
  • 画像の中心とブラウザの中心が一致

などが求められる仕様かなと思います。

ソースは↓です。

https://github.com/umanari145/css/blob/master/main_visual.html

気をつけるべきポイント

背景画像で使う場合

  • background-size:coverでほぼ決まり。高さが動的に変えていい場合はbackground-size:100% 100%
  • coverを使う場合はbackground-position:center centerにする。要はどこが基準になるのか。大きい画像を小さい領域に入れようとするとよくわかる。パラメーターいじって実験。
  • スクロールしても背景が固定の場合は、background-attachment: fixed;を使う。positionに関してはcenter center(真ん中を中心にする)が一般的。領域を狭くして、top rightなどとすると違いがわかる(詳しくはソース参照)。

imgタグで使う場合

  • position:abosoluteでtop,left50%にし、ネガティブマージンかtranslateで画像分中央に移動させる。

ソースのようにサンプルを色々動かすのがいいでしょう。

 

 

-デザイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

GIMPでの薄膜レイヤー&縁取り

えー本業はプログラマなんですが、ガチンコ塾のブログの画像なんかもたまに作ってます。 まーほとんど素人なんですけどね(笑) 一応昔にPhotoshopとIllustratorは使ってました。今では忘却の …

no image

AngularJS カスタムディレクティブ

AngularはHTMLの中にng-clickなどと書いておけばイベントを紐づけて、特定動作時にメソッドを呼び出すことができます。 これをオリジナルで自作することができます。 customer_dir …

no image

デザイ二ングインターフェイスのまとめ

デザイ二ングインターフェイスを今まで読んで実務にすぐ生かせそうな&ポイントとなりそうな箇所のまとめ Contents1 ユーザーを理解する2 ユーザーの行動パターン3 ポジショニング(情報の配置) 4 …

no image

CSSネタに関して

何回か書いてきたCSSのまとめネタ的なもの。 紙で印刷しておくと生産性が3倍ぐらいになる。思った以上にコーディングがしやすい。 良く使うユーティリティ系の操作をまとめる。ベンダープレフィックス以外にも …

no image

CSSはまりやすいポイント ※随時更新予定

CSSにてよく確認するのネタに関して Contents1 中央寄せ2 命名3 テーブル 中央寄せ vertical-alignを指定できるのは「インライン要素」と「テーブルセル」だけ text-ali …