skillup

技術ブログ

デザイン

positionを使うときに注意すること

投稿日:2018年3月17日 更新日:

positionを使ったときに色々なまとめ。

  • 親>子>孫だったときに親がrelative、子、孫がabsoluteだと孫の基準点は子になる(ソース参照)
  • position:absoluteの要素がインラインだとインラインの影響(例えばtext-align:center)を受ける可能性がある(ブラウザによる差異の影響を受ける)ので、display:blockにする。
  • absoluteだと親にpositionがなければ元々の基準位置(通常window)が基準になる。固定ヘッダーなどだとposition:fixedでも親とヘッダーが同一なので、関係ないかも。
  • 親がpositionでないblockで子がposition要素を持っていると親のoverflow:hiddenが効かない。親子がともにpositionなしか親子がともにposition持ちなら問題ない。(ソース参照)

参考リンク

ソース

https://github.com/umanari145/css/blob/master/position.html

-デザイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スマホサイト対策全般

スマホ対策のデザインに関するチェックリスト。 Contents1 viewport2 横のはみ出しチェック3 メディアクエリ viewport まずは横幅などがおかしくないかの確認 [crayon-6 …

no image

BrowserSyncを使ったホットリロードに関して

BrowserSyncを使ったブラウザのホットリロードに関して。 ホットリロードとは「エディタなどで更新があった際にブラウザがすぐに検知して、最新の状態に自動更新してくれる」状態にブラウザをすることで …

no image

フォーム入力のポイント

以前のエントリーにならってさらにフォーム入力のデザイン上のポイントなどを。 Contents1 選択肢は横よりも縦で2 エラーがすぐにわかる入力欄を3 会員登録ではメリットをわかりやすく4 必須項目は …

no image

ワンポイント画像系のcssでの実装

主にリストやリンクなどのワンポイントアイコン系の画像をどう実装するかについて。 Contents1 list-style2 background-image3 Font Awesome4 after5 …

no image

デザイ二ングインターフェイスのまとめ

デザイ二ングインターフェイスを今まで読んで実務にすぐ生かせそうな&ポイントとなりそうな箇所のまとめ Contents1 ユーザーを理解する2 ユーザーの行動パターン3 ポジショニング(情報の配置) 4 …

アーカイブ