skillup

技術ブログ

デザイン 未分類

positionを使うときに注意すること

投稿日:

positionを使ったときに色々なまとめ。

  • 親>子>孫だったときに親がrelative、子、孫がabsoluteだと孫の基準点は子になる(ソース参照)
  • position:absoluteの要素がインラインだとインラインの影響(例えばtext-align:center)を受ける可能性がある(ブラウザによる差異の影響を受ける)ので、display:blockにする。
  • absoluteだと親にpositionがなければ元々の基準位置(通常window)が基準になる。固定ヘッダーなどだとposition:fixedでも親とヘッダーが同一なので、関係ないかも。
  • 親がpositionでないblockで子がposition要素を持っていると親のoverflow:hiddenが効かない。親子がともにpositionなしか親子がともにposition持ちなら問題ない。(ソース参照)

参考リンク

ソース

https://github.com/umanari145/css/blob/master/position.html

-デザイン, 未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ドロップダウンリスト

本日はヘッダーメニューとかで見られるドロップダウンリストについて。 bootstrapを使った方法は下記に。 http://skill-up-engineering.com/?p=1157 通常のHT …

no image

CSSのレイアウト例 その4 グリッドレイアウト

本日はグリッドレイアウトについて。 このサイトだけ見ても多分、デザインのイメージはわかないと思います(汗) サイトが具体的にどうなっているかを知りたい方は「プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザイン …

no image

CSSの概要 主に適用ルールについて

昨日までリーダブルコードを読みまして正しいコーディングについて書いてきました。 本日からは正しいCSSについてみていこうと。 Contents1 CSSとは?2 CSSの書き方3 CSSの挙動4 プロ …

no image

data- HTML5のカスタムデータについて

HTML5のカスタムデータ属性について。 HTML5ではタグにdata-*とすることで任意の値を持たせることができます。 いまさら聞けない、HTML5カスタムデータ属性の基本と使いどころ 例として下記 …

no image

BrowserSyncを使ったホットリロードに関して

BrowserSyncを使ったブラウザのホットリロードに関して。 ホットリロードとは「エディタなどで更新があった際にブラウザがすぐに検知して、最新の状態に自動更新してくれる」状態にブラウザをすることで …