skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

バッチスクリプトで気をつけたい点

投稿日:2018年4月22日 更新日:

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。

  • 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提としてシステムを組むべき。
  • テスト用のオプションは非常に自分を助けるので、必ず作った方が良い。コストを上回ること多し。ソースに書いてコメントアウトだと、いちいちなおすぐのが面倒以上に、忘れてそのまま・・・というリスクがあり。
  • 絶対必要なオプションはCSVなら行指定、DBコンバート系ならid指定など。一々DBを見に行かずに設定できるコストは非常に大切。
  • 頻出エラーはDB非接続、DB更新処理失敗、ファイル非存在、配列のインデックス非存在、値未定義。など
  • 異常があった場合はメールで知らせるほか、ストレージ的な場所にログを格納するのがありかも。
  • トランザクション単位は基本的には1レコード単位で。
  • ログレベルの設定とかは外部ファイルや引数などで動的に変えられた方が便利かも。処理件数に比例して多くなるログの量(例えばSQLなど)などは検索効率性なども考えること。
  • 基本的にログを見たら処理の成否や状態が全てわかるようにしておくこと。後から記録がない場合、処理を追うことができない。
  • ただ冗長なだけでも後で苦しむことになるので、どう検索したら発見しやすいかログを吐くときに考える。
  • ログはタイプに分けて複数吐くなどして分けたほうがいいかも。大量に吐かれるとおうのだけでも大変。
  • 毎時で値を更新するようなバッチの場合、値のクリア(あった値を空にする事)を忘れがちなので、初期値を忘れないようにする事。

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フォームの処理について

本日はフォームの処理に関して。主に一覧検索画面のフォームについてです。 フレームワークでフォームの処理をする場合、変数の初期値やバリデーションなどをあらかじめ読み込むオブジェクトを設定しておき、変数が …

no image

気をつけたいトリガー系の処理など

実務でひやっとすることがあり、自分への戒めも込めてメモします。 Contents1 MySQLのcurrent_timestamp on update current_timestamp2 Larav …

no image

シェルの基礎+ユーザー切り替え関連

雑誌を見ていたらシェルの特集があったので、ちょっとメモリます。 補強したいところのみ要点をチェック。 Contents0.1 実行パスについて0.2 ビルドインコマンド0.3 シェル変数・環境変数0. …

no image

浮動小数点に関して

金額計算なんかでfloatを使うと誤差が出るっていうのは基礎的な話ではありますが、背景知識を含めて理解しておこうと思ったのでメモります。 Contents1 float,doubleでの誤差2 金額の …

no image

コーディングルール 前半まとめ

リーダブルコードを3分の2ぐらいよんだので現時点でのまとめを。 Contents1 いいコードの定義2 具体的な手法2.1 変数の名称2.2 コード自体の見た目2.3 コメント2.4 制御フロー2.5 …

アーカイブ