skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

nohup(sshログアウトしてもコマンドは続く)+ StickyBit(誰もで書き込み自由)

投稿日:

インフラ系の小ネタです

nohup

sshでログインしている時に長時間かかるような処理を実行中、ログアウトするとそのコマンドは停止します。

これはログインしているシェルのバックグラウンドプロセスとして、実行中プロセスが動いているためです。

そのため、sshでログアウトするとハングアップのメッセージが子プロセスにも影響するため、切れてしまいます。

nohupコマンドはハングアップメッセージを無視することができ、これにより、sshでログアウトしても実行中のスクリプトは停止しません。

長時間のコマンドを実行中にうっかり止めてしまった(自分ですが・・・)などのミスを防ぐためにも長時間の処理に使うと良いでしょう。

nohupを使ってsshログアウト後もシェルスクリプトを動かす

Sticky Bit(スティッキービット)

特定のディレクトリに付与される特殊なアクセス権のことでこれが付いているとフォルダへの書き込みなどが誰でもできるようになるようです。ただし削除はダメなようです。

また属性を継承させる、などのこともできるようです。

スティッキービット(Sticky Bit) – 特殊なアクセス権

chmod :SUID、GUID、スティッキービットまとめ

 

-サーバー・ネットワーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

locationディレクティブについて

nginxを実務で使うときに重要になってくるlocationディレクティブについて。 ここでは実際のlocationディレクトリとマッチするURLのパターンを見ていきたいと思います。 Contents …

no image

zabbixオリジナルアイテム&トリガー

zabbixは標準でもかなりのアイテム&トリガーが入っていますが、オリジナルなものを入れたいときも当然あるかと思います。 そんなときにオリジナルのアイテム&トリガーを入れることができます。 実務ではg …

no image

ファイル抽出系のシェルスクリプト(主にfind系)

実務であるアプリのログをまとめるスクリプトを書きました。 log1.log log2.log log3.log ・・・・ みたいにローテーションして吐かれていくのですが、量が多いので1日分をまとめるこ …

no image

VPCでEC2+RDSを構築

以前の記事で、VPCを使ってEC2の環境を作りましたが、一般的にwebアプリはwebサーバーとDBがセットになることがほとんどだと思いますので、AWSでこの環境を構築してみようと思います。 Conte …

no image

vimの基本的な使い方 設定ファイル、基本コマンド他

もう4年ぐらいの付き合いになる憎らしくもかわいいエディタvi(vim)について。 雑誌に特集があったのでこれを機にまとめてみました。シリーズものになるかも・・・ Contents1 Vi(vim)とは …