skillup

技術ブログ

JavaScript

npmでのjQueryライブラリの読み込み+datepickerメモ

投稿日:2018年4月30日 更新日:

npm経由でjQueryやDatepickerなど一般的なライブラリをrequireしてビルドする手法について。

以前も下記エントリーで書きましたが、再学習。

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※gulp使用時)

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※Laravel使用時)

環境はLaravelとかではなくnpmが入って入ればOKとします。

事前準備

gulpなどを使用しても良いですが、単なるJavaScriptのビルドだけでしたらwebpackがいいようです。

また、入れたいライブラリを

でインストールします。自分の場合は、jquery以外にmoment,datepicker(jquery-ui),select2などを使いたいため、下記コマンドを実行しました。

ビルドに必要なライブラリができたところで、下記のようにビルドの元となるjsを作ります。

main.js

これをビルドするために下記コマンドを実行します。

これでbundle.jsと言うファイルに読み込まれた結果が吐き出されます。

–modeに関しては調査中ですが、開発と本番を分けたりすることができるようです。

あとはbundler.jsを読み込めば、無事datepickerやselect2などを使うことができます。

npmとwebpack4でビルド – jQueryからの次のステップ

結構困ったwebpackのお話

ちなみに上記のようにdatepickerを稼働させるためには下記のようにcss側の処置も必要です。

 

また反映されているかを確かめるためにブラウザのキャッシュをクリアしましょう。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vueでのコンポーネント間の変数のやりとりに関して

vueをコツコツと勉強していますが、コンポーネント間で変数の受け渡しをしたいときなどは色々注意が必要かと思います。 個人的には下記のような解釈で組んでおります。 Contents1 vuex2 syn …

no image

Promiseを使った非同期処理

今回はPromiseを使った非同期処理について。 JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気 …

no image

GoogleMapのカスタマイズ

GoogleMapの埋め込みってよくある要件だと思うのですが、先日、GoogleMapに色(企業カラー)をつけたいという要望がありました。 てっきり埋め込み1行で解決すると思いましたが、色々と調べるこ …

no image

JavaScriptのexport

JavaScriptのexportについて。 es6の大きなメリットとして、ライブラリをモジュール化して、外部から読み込むことができますが、読み込み方に少し癖があります。 気をつけるポイントとしては、 …

no image

jQuery子要素の取得方法など

jQueryで要素を取得する方法って$(“セレクタ”)しか知らなかったんですが、他にもいろいろあることがわかったのでちょっと紹介。 例えばtrの列の中に横1列に<inpu …