skillup

技術ブログ

Python サーバー・ネットワーク

Python+cgiでwebアプリを動かすまで

投稿日:2018年5月13日 更新日:

PythonでRESTAPI的なプログラムを作った時のメモ。

あまりCGIで実行する人がいないようで、情報がそこまでありませんでしたが、Perlでやった経験もあり、動かせました。

環境

  • Mac 10.13
  • Python 3.6.0 (pyenv)
  • Webサーバー apache2.4
  • ルートディレクトリ /Library/WebServer/Documents/
  • ルートディレクトリ直下にsampledir/python.pyというファイルをおく
  • urlはhttp://localhost/sampledir/python.pyを想定

準備(主にapacheの設定)

1.cgiでpythonを動かせるようにするためにAdd-handlerに.pyを追加

2.実行するpython(URLとして叩くpythonのファイル)のパーミッションを775

実行するpythonの先頭行にシェバン(pythonのパス)を記述

*CentOSであれば/usr/bin/pyenvなどになるかと思います。

ソース

具体的なformのパラメータの取得などは下記リンクを参考に。

https://docs.python.jp/3/library/cgi.html

当初はCGI用のディレクトリ(/Library/WebServer/CGI-Executables/)でしか動かないと勘違いしていたので下記のような不要な行為をやってました。

何らかの時に役立つかもしれないので一応メモ。(DocumentsディレクトリにAddHandlerがあるので普通にcgiが動きます)

自分はDocumentsディレクトリにソースは置いておいて、CGI-ExecutablesディレクトリからDocumentsにシンボリックリンクを貼って動かそうとしました。

ちなみに間違っているわけではなく、localhost/cgi-bin/sampledir/python.pyを打てばもちろんこれでも動きます。

1 CGI用ディレクトリにアクセスした時にDocumentsをみるようにシンボリックリンクを貼る。

2 ちなみにディフォルトではシンボリックリンクが許可されていないのでOptions FollowSymlinksで許可をします。

参考リンク

CentOS7上でPython3をCGIとして動かすまで

-Python, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SSLの設定に関して

実務でサーバーにSSLの設定をすることがあったので書いておきます。 Contents1 SSLとは?1.1 ファイルの設定方法2 設定方法全般に関して2.1 秘密鍵2.2 サーバー証明書と中間証明書の …

no image

duコマンドについて

ディスク容量を計るコマンドduについて。 ポツポツ使ってきましたが整理していなかったので、ここで使い方を整理したいと思います。 Contents1 超基本的な使い方1.1 頻出オプション1.2 組み合 …

no image

webサーバーがどのように動いているか(GETとPOST)

webがリクエストを受け取って画面に表示するまでの流れをおさらい。基本です。 Contents1 全体の流れ2 参考文献 全体の流れ 1 ユーザーがブラウザのURL欄に[crayon-62fe9f6c …

no image

ECCUBE2,3でのnginx利用

ECCUBE2,3をインストールする機会があったのでメモ。 例によってnginxの設定がめんどいですね。・・ ファイルパス ECCUBE2,ECCUBE3ともに下記パス,URLと仮定します。 [cra …

no image

locationディレクティブについて

nginxを実務で使うときに重要になってくるlocationディレクティブについて。 ここでは実際のlocationディレクトリとマッチするURLのパターンを見ていきたいと思います。 Contents …

アーカイブ