skillup

技術ブログ

Python サーバー・ネットワーク

Python+cgiでwebアプリを動かすまで

投稿日:2018年5月13日 更新日:

PythonでRESTAPI的なプログラムを作った時のメモ。

あまりCGIで実行する人がいないようで、情報がそこまでありませんでしたが、Perlでやった経験もあり、動かせました。

環境

  • Mac 10.13
  • Python 3.6.0 (pyenv)
  • Webサーバー apache2.4
  • ルートディレクトリ /Library/WebServer/Documents/
  • ルートディレクトリ直下にsampledir/python.pyというファイルをおく
  • urlはhttp://localhost/sampledir/python.pyを想定

準備(主にapacheの設定)

1.cgiでpythonを動かせるようにするためにAdd-handlerに.pyを追加

2.実行するpython(URLとして叩くpythonのファイル)のパーミッションを775

実行するpythonの先頭行にシェバン(pythonのパス)を記述

*CentOSであれば/usr/bin/pyenvなどになるかと思います。

ソース

具体的なformのパラメータの取得などは下記リンクを参考に。

https://docs.python.jp/3/library/cgi.html

当初はCGI用のディレクトリ(/Library/WebServer/CGI-Executables/)でしか動かないと勘違いしていたので下記のような不要な行為をやってました。

何らかの時に役立つかもしれないので一応メモ。(DocumentsディレクトリにAddHandlerがあるので普通にcgiが動きます)

自分はDocumentsディレクトリにソースは置いておいて、CGI-ExecutablesディレクトリからDocumentsにシンボリックリンクを貼って動かそうとしました。

ちなみに間違っているわけではなく、localhost/cgi-bin/sampledir/python.pyを打てばもちろんこれでも動きます。

1 CGI用ディレクトリにアクセスした時にDocumentsをみるようにシンボリックリンクを貼る。

2 ちなみにディフォルトではシンボリックリンクが許可されていないのでOptions FollowSymlinksで許可をします。

参考リンク

CentOS7上でPython3をCGIとして動かすまで

-Python, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

docker メモ

まだ数時間しか触ってませんが、なんとなくのイメージなど Vagrantと違いOSではなく主にミドルウェア(httpd,mysqlなど)を手軽に構築する仮想環境ツール Linuxの中でしか動かない 起動 …

no image

vueの環境構築に関して(モジュールバンドラの比較やvue-cliコマンドなど)

vueをビルドする場合、一般的にはwebpackなどのモジュールバンドラを使うかと思います。少しまとめて置こうかと思います。 Contents1 モジュールバンドラ1.1 webpack1.2 lar …

no image

CentOS7でのIP固定

日ごろ業務ではwindowsにVitrtualBox+VagrantにCentOSをいれていたのですが、スペックにややネックがあったため、今は使っていないPCにCentOS7を入れて開発企図して使うこ …

no image

SSLに関して(主にオレオレSSLの作成方法など)

Contents1 HTTPSとは1.1 概要説明1.2 SSL費用の違いについて2 オレオレSSL2.1 秘密鍵作成コマンド2.2 公開鍵作成コマンド2.3 オレオレSSL証明書の作成3 webサー …