skillup

技術ブログ

Database

checkboxでの値の管理

投稿日:

formにてcheckboxの値を一つのカラムにいれて管理する機会があったのですが、これ入力更新出会っても検索であっても処理がなかなか厄介です。特に検索の時ですね・・・

要するに値の候補が1,2,3,4だとしてデータとして値1,3が入っているとします。

そして検索画面では1,2がチェックされ含まれている値は?となった時、

とりあえず現状の対処法としては、

  • 文字列にしてカンマ区切りで保存(厳密にやりたい場合はSET型でもいいかも)
  • でもってFIND_IN_SETで値を1つ1つ検索

とやっていました。ただこの方法だとindexが効きませんので検索のスピードを上げたい時には向きません。

そんな時ですが、2進法の考え方を利用して、値を保存してあげると検索効率が上がります。(実際の実装については要調査)

 

-Database

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

slow-query-logについて

データベースを伴う部分でののチューニングですが、大きく分けると SQLを書き直す インデックスを張りなおす プログラム内部でキャッシュを有効化する 設定ファイルの修正 上記のようなかんじになるのではな …

no image

mavenのリモートリポジトリについて

JPAでO/Rマッパーに慣れてからというもの通常のSQLをごりごり書くのが億劫になってきました。 億劫というかいろいろとリスクがありますね。 問題点としてはコンパイルするときにエラーが検知できなかった …

no image

JPAでの多対多のリレーション

以前、このエントリーでJPAのリレーションについて説明しました。 今回は多対多について説明します。 Contents1 テーブル構成2 ソース2.1 CDのエンティティ2.2 Artistのエンティテ …

no image

論理設計のグレーノウハウ 列持ちテーブル、集計キー、多段ビュー

前回に引き続き論理設計のグレーノウハウについて。 Contents1 列持ちテーブル1.1 メリット1.1.1 シンプルな設計1.1.2 入出力のフォーマットと合わせやすい1.2 デメリット1.2.1 …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …