skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

コレクションの頻出処理に関して

投稿日:

PHPでコレクションを使っていますが、慣れると本当に便利ですね・・・まあforeachとかでグリグリやってもいいのですが、無駄にコードが長くなります。

自分がコレクションでよく使う再頻出のメソッドなどを。(メソッド名はLaravelのものを使っていますが、似たものは大概他のフレームワークでもあるかと思います。)

map

配列の中の変換作業を行います。単純に配列の中身をいじる時や新たな配列を作りたい時など、シンプルなだけに使用頻度は高めです。

groupBy

使用頻度はかなり高いです。例えば売上伝票データがあってそれを顧客ごと、担当者ごと、月ごとにまとめたい時などは大概これを使います。

使えないときは一生懸命、foreachでグルグル回しながらやってましたね・・・

複数キー(月+顧客ごと)の場合でも大概文字列を結合させてかけることが一般的です。多段の場合はgroupByした後にmapのなかでさらにgroupByを使います。

mapなどと違ってforeachではかなり面倒臭いので早い段階で覚えておきたいメソッドです。

pluck

あるプロパティだけを抽出させたいときに使います。

例えば

みたいなデータがあったときにnameだけ、ageだけを取り出したいといったようなケースです。

ちなみにLaravelでは2つの引数を指定すると、片方をインデックス番号、もう片方を値にしてくれるので、プルダウンなどの値を作るときに非常に重宝します。

filter

特定の値のみを抽出します。例えばstatus=10の伝票のみを抽出して売上を計算したい場合などはこのメソッドが使えます。逆のrejectなども稀に使います。

keyBy

多次元連想配列を使っているときに配列のインデックス番号を数字ではなく連想配列の特定のキーに置き換えたいときに使います。ハッシュで操作をしたい場合などはかなりよくあるケースなので、使えます。

flatten

多段階層になっているときに下の階層のデータをまとめて取りたいとき。

参考リンク

基本的な使用法は下記にのっています。

https://laravel.com/docs/5.6/collections

他の言語やフレームワークを使う場合でもまずこれらを押さえておけば、基本的な処理は困らないのではないかと。

 

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

抽象性と可読性のトレードオフに関して

私自身プログラムを書く場合、とにかくコードを書く量を制限したいという思いが強く、多少でも共通化できる箇所がある場合はなるべく共通化するようにしておりましたが、時と場合によっては過剰に共通化したことによ …

no image

phing

今までphpunit,phpmd,phpcodesniffer,phpdocumentなどのツールをいろいろと試してきますが、個別に動かしていると大変面倒ですので、これを一気に行えるライブラリがありま …

no image

コードの分割

今回はリーダブルコードの8章。コードの分割について。 ポイントとしては1行に情報を詰め込みすぎているような場合は分割して、意味がわかりやすい区切りにまとめよう、といったことでしょうか。つまりは「困難は …

no image

画面テストのツールに関して

Unitテストに関してはxUnit一択だと思いますが、UI系のテストツールについて。 IDE(コードを書かずにすむマクロ系)に関して全てChromeで動くことを確認しています。 Contents1 ツ …

no image

小〜中規模程度のWEBアプリ作成で気をつけるべきこと

初見の処理系(ライブラリ操作)などは休日などで最小パターンを確認しておくこと。実務で何時間も悩むと非常にストレスがたまる テーブル設計命。あとで終えるようにトレースができるような値を入れておくこと。 …

アーカイブ