skillup

技術ブログ

Python サーバー・ネットワーク

pythonのアップグレードに関して

投稿日:

pythonのアップグレードに関して。

python2.6だとpipがインストールされていないのですが、入れようとしてハマったのでメモ。

一般的なインストール方法ですが、下記のようになります。

ブログで見ましたが、pip10以降はpython2.6だとハマってしまいうまくインストールできませんでした。

一般的には下記のような流れでインストールができます。

この後

でインストールできますが、下記のブログにもあるような事象が起こり、

yumが使えなくなるので、基本的にはしないほうが良さそうです(汗)

戻し方は下記のようにすればOKです。

 

Pythonアップデート(2.6 -> 2.7)

上記のブログのようにパスを書き換えるとyumは通りますが、他のpython関連のライブラリも不具合が起こってしまいます・・・・

pyenvかsclを使った方が良さげ?

pyenv Python事始め 環境構築

slc 監視検知処理に関して

-Python, サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


  1. […] yumなどで一気にインストールしてしまうと他のライブラリとの整合性が崩れてしまうこともあるため(参考例:pythonのアップグレードに関して)、一時的に使うような感じだと思う。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

clamAV

ウイルスソフトclamAVのインストールと使用法について Contents1 インストール1.1 CentOS61.2 CentOS72 スキャン実行の設定に関して インストール CentOS6 [c …

no image

dockerでの環境構築 〜コンテナ作成し、実作業ができるまで(mac編)

今や環境構築の保存や移行などが比較的自由にできるようにはなってきていると思います。 自分の場合は未だにvagrantのイメージフォルダを移行してやっていますが(汗)。 参考リンク vagrantで仮想 …

no image

ansible localでの使用,sudoに関して

最近継続的に調査しているansibleについて Contents1 local2 sudo local ansibleは通常別のホストに対して行うものですが、 hostsファイルのIPを変更し、以下の …

no image

IaC(Infrastructure as Code)に関して

近年ではインフラ環境もコード化しておいて、コマンドで起動や構築できることが一般的ですね。 ansibleやdockerなどは色々と使っていましたが、実際のインフラ環境では2020年6月現在AWSを使う …

no image

システム監視の基礎

システム監視のルールがほとんどないので、ちょっと勉強中です。 Contents1 危険率の判定2 参考文献 危険率の判定 今まで一番知りたかったことがこれなんですね。例えばシステムに負荷がかかっている …

アーカイブ