skillup

技術ブログ

Database

joinとeager loading

投稿日:2018年7月22日 更新日:

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。

自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・

通常のjoin

select句に何も指定せずクエリビルダーでjoin句を使うとプロパティがフラットになってしまいます。これだとカラム名が競合した時に片方が消されてしまいます。

例えばorderからorderitemをjoinしようと思った時にorderの1プロパティの中にorderitemがあり、この中にorderitemの全てのプロパティがあるというのが理想的です。

ループの中で取得

親(order)の数×子供の数(orderitem)となってしまい計算量的にありえないのでNG。

hasManyなどを動的に使用

Laravelだとリレーションを以下のように表現することでプロパティの一部として取得できます。User-Postの関係が1:Nとします。

https://readouble.com/laravel/5.1/ja/eloquent-relationships.html

上記のようなリレーションを動的に組む方法がベストっぽいです。

これだと親のレコードの中にプロパティとして格納されるため、通常のjoinと違ってカラムが消されたりってことはありません。

ただこの手法だとjoin自体が実行されるのは親自体(order)をループする時になり、DBへのアクセス数が親の数×子供の数となってしまいます。(これが俗にいうN+1問題と言われるものらしいです。)

通常の取得をlazy loadingというようですね。

eager loading

これを解決するのがeager loadingという手法のようでクエリを発行した瞬間にDBへのアクセスも終わります。

こうすることで

  • 親のプロパティの中に子供のオブジェクトを格納し、
  • かつ計算量も抑える

ということができます。Laravelですと、以下のようにwithを付与することで解決します。

えらい単純なことですが、これに行きつくまでにそこそこ時間がかかりました・・・(汗)

【Laravel】動的プロパティとリレーションメソッド。そしてN+1問題を真剣に調べてみた

参考リンク

laravelじゃないですが、参考になりそう。

CakePHP3のORMを使う際に欠かせない概念について

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

外部結合 応用編

本日は「達人に学ぶSQL徹底指南書」の外部結合の応用編です。 下記のような3つのテーブルがあるとします。例によってここを使わしてもらってます。 tblsex sex_cd | sex —& …

no image

MySQLでの日付関数

MySQLでSUMやCOUNTなんかはよく使うと思うのですが、日付の関数なんかもかなり使います。 今回は、日付の日数をとりたいときの関数を紹介。 例えばあるカラムにある日付が入力されており、現在との日 …

no image

mysqlデータのCSV出力

ガチンコ塾のブログでもかいたのですが、行動力が大切だなーと思う今日この頃。 社長が熟練のJavaエンジニアで基本的に聞けば、基本的に解決することが多いのですが、外部の勉強会などにも出て情報収集の必要性 …

no image

CASE式のすすめ その2

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。 Contents1 CASE式の利用2 UPDATE文のCASE3 テーブル同士のマッチング CASE式の利用 私自身はCHECK制約を使 …

アーカイブ