skillup

技術ブログ

PHP サーバー・ネットワーク

apacheで複数インスタンスの起動

投稿日:2018年8月13日 更新日:

前回のphpenvがらみの引き続きですが、php5.6と7を共存させ、なおかつWEBアプリで動かす方法を調べたところapacheの複数インスタンスがであれば可能だとのこと。

早速調べなんとかできました。

やること

  • apacheの起動ファイルを2つ作る。後述する設定ファイルの読み込みを分ける
  • 設定ファイルを2つに分け、ポート番号やプロセスIDなども分ける

apacheの起動ファイルを2つ作る

通常の起動ファイルであれば/etc/init.d/httpに実行ファイルがあるかと思います。

これをコピーし、/etc/init.d/http2というファイルを作ります。名前はなんでもいいですが・・・

設定ファイル

/etc/init.d/httpd2用の設定ファイルを作ります。(詳細はリンクに任せますが、ディレクトリごと分けたが方が良いです。)

/etc/httpd/conf/httpd2

他修正箇所として、下記に注意。

  • http2の方にphp7の設定(LoadModuleなど)を反映させ、php5の設定は反映させないこと
  • 読み込む子供の設定ファイル(conf.d以下)を変えること(通常のhttpの方でphp7用の設定ファイルを読み込ませないこと)
  • 8080ポートを開放すること
  • 起動時は/etc/init.d/httpd2 startを使うこと
  • アクセスするときはhttp://example.com:8080でアクセスすること→リバースプロキシ使えば大丈夫です。参考リンク Apacheでのリバースプロキシ

またps -auxを見ると下記のようにhttpd2で起動したプロセスが走っていると思います。

またWEB上の確認方法としてはphpinfoを出力させて、php7(5を出したいアプリ上では5)が出ればOKです。

参考リンク

同じApacheをコピーして複数動作させる

Apacheを複数のプロセスで起動する方法

-PHP, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


  1. […] apacheで複数インスタンスの起動 […]

  2. […] apacheで複数インスタンスの起動 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Gitのブランチについて

ちょっといろいろと触っているGitに関して。 前回は作業ディレクトリ、インデックス、コミットについて説明したのですが、今回はブランチについて行います。 Contents1 ブランチとは?2 ブランチに …

no image

nohup(sshログアウトしてもコマンドは続く)+ StickyBit(誰もで書き込み自由)

インフラ系の小ネタです Contents1 nohup2 Sticky Bit(スティッキービット) nohup sshでログインしている時に長時間かかるような処理を実行中、ログアウトするとそのコマン …

no image

カレントディレクトリ以下のすべてのCR+LFをLFに

windows環境からファイルをアップしていると文字コードがバラバラだったりすることが多々あります。 まあ何がめんどくさいかというと差分がチェックできない。これが最悪です。 gitのdiffコマンドの …

no image

jenkinsでのSSH鍵認証&herokuからのソース取得

jenkinsでGitからソースを取得するときに鍵認証をかけている場合はそれ用の設定が必要になります。 基本的な考え方ですが、userがjenkinsだったときに、ssh鍵認証やherokuでどのよう …

no image

CakePHPのcomponent

CakePHPのComponentについて。 CakePHPでは各コントローラに共通の処理をComponentとしてモジュール化することができます。 わかりやすいところでいえば認証のAuth,Sess …

アーカイブ