skillup

技術ブログ

PHP

LaravelでのAPI実装

投稿日:2018年8月15日 更新日:

Laravelで外部からAPI叩いてデータ入力みたいなことをしたかったのでこれを機に勉強。認証とかを通してないのでそのまま公開すると危険です・・(汗)

参考リンク

[PHP] Laravel5.6で、サクッとRESTful APIを作成する

LaravelでCRUDのAPIをささっと作る

下記のようにファイルをセットします。

ルーティング

api/route.php

上記のようにルーティングをセットするだけですでにgetやpostでのアクセスができてしまいます。

詳細なルーティングはphp artisan route:listで見れます。(API以外のものも見れます。)

コントローラー

app/Http/Controllers/Api/CustomerController.php

(別にディレクトリの位置はApiのなかに作らなくても大丈夫です。)

最初のうちは php artisan make:controller CustomerController --resourceなどのコマンドで自動生成した方が楽だと思います。

APIサービス postman

APIの場合、今までGETに関しては直接URLを叩いて、確認してましたが、POSTの場合、

  1. formを作ってPOSTする
  2. curlコマンドを使う
  3. postmanのようなWEBサービスを使う

などの選択肢があります。curlコマンドがお手軽ですが、APIがらみの検証ではpostmanと言うサービスが使えます。

APIがらみの検証ではかなり有名なツールのようです。

urlにパラメータを送信して結果などを自由に見ることができます。自分の場合、Chromeの拡張ツールを使いましたが、かなり使えますね。

参考リンク

curlコマンドから HTTP POST する方法

APIの開発がむちゃくちゃ捗る「Postman」の使い方

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

eclipseでのPHPソースの扱い方

Contents1 既存ファイルからプロジェクト生成2 PHP5.4以降でコンパイルする3 ctpファイルのシンタックスハイライト 既存ファイルからプロジェクト生成 超小ネタですが、Eclipseです …

no image

phpenv+php-build 複数のPHPのversionを使い分け

使っているサーバーで別バージョンのphp(7.2.0)を使いたかったのでphpenv&php-buildをインストール。 Contents1 phpenvのインストール2 php instal …

no image

Laravelでのmiddlewareの実行順番

Laravelでのmiddlewareをいじって認証直後の処理を作りたいときなど。 例えばログイン後、ユーザーidに応じた共通処理などをかませたいときです。 この場合、当然ログインの後に処理を実行しな …

no image

streamについて

CSVダウンロード機能などを実装していて、動くコードはかけていますが、内容をよく理解していないことも多かったです。 今回はストリームについて。 ストリームとは 主にデータの総量がわからないケースでよく …

no image

wordpressのドメイン移行

WordPressのドメイン以降を行いました。 まあ、このブログの直下にエンジニア集客用ブログをおいたんですがね・・・ http://skill-up-engineering.com/gachinko …