skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ファイルアップロード・ダウンロードに関するシェルスクリプト

投稿日:

ファイルのアップロードやダウンロードに関するシェルスクリプトなんぞを。

地味ですが、以外に登場頻度は高いかと。

FTP

小規模な案件だとサーバーにSSHで入れないなんてことは結構あります。

その場合、FTPでなんとかせざるをえませんが、WinSCPやFileZilaでポチポチやってもいいですが、一応シェルスクリプトを紹介。複数サーバーの同一ファイル・ディレクトリに一括でダウンロード&アップロードなんて時にいいかも。

ダウンロード

が、このコマンドだと再帰的に階層をダグって一気に取得みたいなことができないようです。
階層を辿って一気に取得するにはwgetで取得できます。

ほぼワンライナーでかけますね・・。

アップロード

やったことありませんが、どうやらcurlコマンドでやる方が良さげなようです。ダウンロードもcurlでいいかも・・

参考リンク

ターミナルからFTPサーバーにファイルをアップロードしたい

SCP

ほとんどの環境ではFTPを使わず,SSHでサーバーにログインをすることが多いと思うので、こちらの方が使用頻度はたかいでしょう。

アップロード

ダウンロード

実際のサンプル(自動ログイン含む)

https://github.com/umanari145/shell

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

heroku scheduler(cron的なもの)

herokuでアプリをデプロイしたあと定期的に走らせたいバッチなどがあるとき、cronを使うことを考えると思いますが、herokuではheroku Schedulerというアプリを使います。 hero …

no image

inotifyによる検知

以前、pynotifyというpythonの検知プログラムを書きましたが、元々はinotifyというLinux上のパッケージのライブラリが元になっています。 以前調べたリンク 監視検知処理に関して 実務 …

no image

ansible mysql,cronなど

Contents1 ansibleでのMySQlのインストール (CentOS6)2 ansibleのcronインストール3 任意のコマンド4 ansibleオプション ansibleでのMySQlの …

no image

SAM(AWSのサーバーレスフレームワーク)について

LambdaやAPIGatewayをちょこちょこいじってますが、goなどを使っているとローカルでの開発時にはAPIなどと直接連携したりすることはできません。 またデプロイ自体が面倒で画面からポチポチや …

no image

CIツールを使ったオートデプロイに関して

gitlabをあるプロジェクトで使っていますが、自動デプロイについて色々調べなんとかできたのでメモしておきます。 結論から書きますと下記のような手順でいけます。 1.まずデプロイしたいサーバーに鍵認証 …

アーカイブ