skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

ファジープロジェクト対策 その2

投稿日:

前回に引き続き、大事だと思ったこと。一部単なるフレームワークの作り方的な内容になっているかも。

テンプレート共通化

ラジオ、セレクト、チェックボックスなどはテンプレート化しておき、1行もしくは数行で処理がかけるようにしておくこと。

バリデーション

エラーのタイプを設定ファイルなどに定義しておき、できれば本来のロジックはほとんどいじらずにバリデーションチェックができるようにしておくこと

なおイレギュラーパターンに対応できるようにそうでないパターンにも対応できるようにしておくこと。

ログ出し

ログをまめに出す。もちろんレベル分けを行う。

具体的には下記のような段階

  • SQL(重要度で言うと最低、いわゆるdebugレベル)
  • 何らかの処理の開始と終了。処理のメモなど(infoレベル)
  • 望ましくないところ、あるいは異常系の処理(warn,またはerror)

異常系の処理

DBの前後は必ずtry〜catch・・で挟み異常処理が発生した場合に、rollbackできるようにしておくこと。

異常があった場合、

  • 全ての処理を終わらせるのか?
  • 特定の処理だけを終わらせるのか

をしっかりと分けること。

もちろんログの記録は単なるエラーではなくスタックトレース的なものがしっかりと吐かれていることが大切。

新規プラグイン+新規ライブラリ調査

もっとも時間がかかり、知識などで対応できないこともあるので厄介。

シンプルで最小構成のサンプルなどを用意しておき、試しておき、現在のアプリに対応できるようにすること。

CSSフレームワークの活用+頻出CSSについて

プログラム同様、フロントエンドでも頻出のCSS、関数などに関してあらかじめ定義しておき、一発で反映できるようにしておくこと。

個人的にCSSフレームワークはBulumaがおすすめ。

  • mobile時、pc時のみ表示できるCSS
  • テーブル
  • チェックボックス(ラジオ、セレクト)+ラベル
  • flexの組み合わせ(justify-content,align-itemsの組み合わせをあらかじめ作っておく)
  • 関数に関してはPC、SPをすぐに反映できるタイプのものにする。

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

ER図作成ツールについて(Mac版)

ER図作成ツールについてMacで色々と調べましたので、メモを。 フリー限定で。 ちなみにwindowsを使っていればA5:SQLが一番使えるかと思います。 以前も下記リンクで説明させていただきました。 …

no image

SytleCopについて

前回、StyleCopについて紹介しましたが、C#の静的解析ツールであるStyleCopのインストールや基本的な使用法に関して。 NugetのインストールでStyleCop,StyleAnalyzer …

no image

業務管理アプリの商品コードに関して

一般的な業務管理アプリを作っていると商品や顧客などもオートインクリメントのidではなく、独自の仕様で決められた「商品コード」などを持っていることが一般的です。 昔通販がらみのシステムを使っている時も商 …

no image

バッチスクリプトで気をつけたい点

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提として …

アーカイブ