skillup

技術ブログ

PHP プログラミング全般

emptyの扱いに関して

投稿日:

PHPで空白や存在確認として便利なemptyですが、乱用すると意図しない動きをすることがあるケースが多々あります。

emptyの挙動に関して

基本的には下記のものがtrueになります。

  • 空白
  • null
  • false
  • 0
  • array
  • 未定義

個人的に気をつけたいと思う点。

数値の0

これが一番大きいかなと。

金額0円とか徒歩0分を判定したいときに、未定義やnullと0の判定が正確にできません。この場合、値の存在判定に関してはissetなどを使うべきでしょう。

検索などの全判定と値のなし

検索などで値がない時(is null)と全判定を分けたい時に。

この場合,issetなどで判定し、検索条件の中にnullを入れるべき

PHP isset, empty, is_null の違い早見表

-PHP, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Laravelでのmiddlewareの実行順番

Laravelでのmiddlewareをいじって認証直後の処理を作りたいときなど。 例えばログイン後、ユーザーidに応じた共通処理などをかませたいときです。 この場合、当然ログインの後に処理を実行しな …

no image

SytleCopについて

前回、StyleCopについて紹介しましたが、C#の静的解析ツールであるStyleCopのインストールや基本的な使用法に関して。 NugetのインストールでStyleCop,StyleAnalyzer …

no image

PHPでのコンソール入力に関して

PHPはほとんどの場合、ブラウザでURLをたたいてWEBサーバーから呼び出されるパターンがほとんどです。 ところが、コンソールから使いたい場合などもあるでしょう。 コンソールから入力する場合、なんらか …

no image

phing

今までphpunit,phpmd,phpcodesniffer,phpdocumentなどのツールをいろいろと試してきますが、個別に動かしていると大変面倒ですので、これを一気に行えるライブラリがありま …

no image

ob_startを使ったバッファリング出力

先日var_dumpの結果をログに出力したいときに検索すると下記のようなコードを書けばよいということがわかりました。

ob_start …

アーカイブ