skillup

技術ブログ

Database

サロゲートキーに関して

投稿日:2018年11月24日 更新日:

テーブル設計に関してのメモ。

テーブルを作る時にid int not null auto_increment primary keyを自動的に作ることが多いと思いますが、サロゲートキーといい、グレーノウハウに属します。

本来であれば複合主キーを使ってレコードを特定すべきですが、複合主キー自体にもデメリットがあるので代替案としてこれが使われることが多いです。

メリットとしては

  • リレーションが非常に簡単になる
  • レコードの特定が簡単になる
  • リレーションが(数字を使うので)高速になることが多い。

というメリットがあります。(以前はほぼ自動的に作ってましたね・・・)

  • 元々論理的に存在しないカラムであり、モデルをわかりにくくする

というデメリットがあります。

あとはあるデータベースのデータを別のデータベースのテーブルにコピーなんかするときにこれを使っているとリレーションの際、idが完全一致しないことが多いので、サロゲートキーの書き換えをしないとかなり面倒です・・・

参考リンク

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …

no image

サブクエリの使い方

以前も少し学習しましたが、今回からはサブクエリの扱い方です。特に異なった行の比較(年度計算など)に関して行われる自己結合をつかったものが非常に強力です。 例によってここを学習しています。 下記のような …

no image

論理設計のアンチパターン その2

今回は論理設計のアンチパターンの続きです。 今までに比べると何も意図がないというものではなく、パフォーマンスを考えて設計されているようなものが多いです。 ただし、中には絶対に許されないタイプのものもあ …

no image

集合としてのSQL

今まで何度かSQLが集合ということを扱ってきました。 今回はそれがよくわかる例を。 実務ではあまりないと思うのですが、集合をイメージしやすい例題として、2つのテーブルが全く同じケースを考えます。 下記 …

no image

slow-query-logについて

データベースを伴う部分でののチューニングですが、大きく分けると SQLを書き直す インデックスを張りなおす プログラム内部でキャッシュを有効化する 設定ファイルの修正 上記のようなかんじになるのではな …