skillup

技術ブログ

プログラミング全般

フレームワークのマイナーバージョンチェンジの影響に関して

投稿日:

ここ1年ぐらいPHPのフレームワークはLaravelを使っていますが、マイナーバージョンの影響に悩まされることがたまにあります。

以前、遭遇した事象としてはログイン連携が急にできなくなりました。

Laravelでのアプリ間でのログイン連携

流石に4系と5系とかのバージョン違いだと根本からかわることもあるので意識しますが、5.5.41と5.5.45でも細かい関数の仕様などの違いで動かなくなることがあるので注意が必要です。

先日も見つけたところでは

  • collectionのgroupByの二重以上のキーでのgroup
  • report関数(5.5で開発してて急に動かなくなって調べたところ5.4からだったようです。)

が5.5.41だとOKでしたが5.4.36だとNGでした。

マイナーバージョン変更だと非常に気づきにくいので発見も困難だったりします。

エラーポイントを局所的にして、なおかつデータも同じにして動かない時はこれらを疑ってみましょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フレームワーク作成時の注意ポイント

以前も多分書いていますが、フレームワーク作成時のポイントなどを列挙。 次元が違うものも多々含まれているかも。 ルーティング機能 基本設定情報の読み込み キャッシュ機能 データベース Form情報の管理 …

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

リーダブルコードまとめ

リーダブルコードほぼ読み切ったのでまとめを。チェックリスト化して、常にこれを見ながらコードは書いたほうがよさげ 前半のまとめや参考リンクでみたものとマージします。 Contents1 変数の名称2 コ …

no image

オブジェクト指向について その3

今回は場合分けによる変更コストとオブジェクト指向のメリットについてです。 例えば給付金が発生して、その金額を死亡時、退職時、通常時で場合分けするとき、if-elseで書けば下記のようになります。 [c …

no image

気をつけたいトリガー系の処理など

実務でひやっとすることがあり、自分への戒めも込めてメモします。 Contents1 MySQLのcurrent_timestamp on update current_timestamp2 Larav …

アーカイブ