skillup

技術ブログ

プログラミング全般

フレームワークのマイナーバージョンチェンジの影響に関して

投稿日:

ここ1年ぐらいPHPのフレームワークはLaravelを使っていますが、マイナーバージョンの影響に悩まされることがたまにあります。

以前、遭遇した事象としてはログイン連携が急にできなくなりました。

Laravelでのアプリ間でのログイン連携

流石に4系と5系とかのバージョン違いだと根本からかわることもあるので意識しますが、5.5.41と5.5.45でも細かい関数の仕様などの違いで動かなくなることがあるので注意が必要です。

先日も見つけたところでは

  • collectionのgroupByの二重以上のキーでのgroup
  • report関数(5.5で開発してて急に動かなくなって調べたところ5.4からだったようです。)

が5.5.41だとOKでしたが5.4.36だとNGでした。

マイナーバージョン変更だと非常に気づきにくいので発見も困難だったりします。

エラーポイントを局所的にして、なおかつデータも同じにして動かない時はこれらを疑ってみましょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Excelでのテストデータ作り

ExcelVBAでテストデータを作るときに役に立った関数などを紹介させていただきます。 user_id time 2143 2017/1/16 3:35 6724 2017/1/2 6:05 4528 …

no image

制御フローについて

リーダブルコード 7章。制御フロー(if文などの条件分岐)について ここらへんは個人個人癖がついているとおもいますが、確かに読みやすい、読みにくいというのはあるのでなるべく汎用性のある規則を身につけた …

no image

emptyの扱いに関して

PHPで空白や存在確認として便利なemptyですが、乱用すると意図しない動きをすることがあるケースが多々あります。 Contents1 emptyの挙動に関して2 数値の03 検索などの全判定と値のな …

no image

エラーレポーティングサービス Sentryについて

リリースした後、運用段階に入ると定期的にバグ報告が上がってきます。 本来はリリース前に検収テストをすべきなんですが、そんな余裕ないことも多い(汗) で、そんな時に大事なのが エラーを気づけること 対処 …

no image

フレームワーク作成時の注意ポイント

以前も多分書いていますが、フレームワーク作成時のポイントなどを列挙。 次元が違うものも多々含まれているかも。 ルーティング機能 基本設定情報の読み込み キャッシュ機能 データベース Form情報の管理 …

アーカイブ