skillup

技術ブログ

PHP サーバー・ネットワーク

メモリー不足でのスワップ割り当て

投稿日:

先日、あるサーバーでcomposerをinstallしようとしたところ、
The following exception is caused by a lack of memory or swap, or not having swap configured
Check https://getcomposer.org/doc/articles/troubleshooting.md#proc-open-fork-failed-errors for details

[ErrorException]
proc_open(): fork failed – Cannot allocate memory

のようなエラーが出ました。要はメモリ不足ですね。

AWS(EC2)だったんですが、どうやらmicroだったようで、メモリも2Gしかないようです。

PHPのメモリーがらみ制限

PHPに割り当てるメモリの解放です。

その前にPHPに割り当てるメモリを測定してみましょう。
php -r 'phpinfo();' | grep memory_limit
でPHPに割り当てられてるメモリを測定できます。

んで、こっからの対処法は以下のような感じでしょう。

  1. php.iniそのものをいじってmemory_limitをあげる
    一番クリティカルでサーバー内全体に影響が出ます。
  2. ini_set(‘memory_limit’ ‘xxxxm’)
    そのプログラム単体でのメモリ使用量のコントロールです。
  3. 下記のようなコマンドでコマンド実行時に一時的に割り当てることができます。
    php -d memory_limit=-1 /usr/local/src/composer.phar install

*ちなみに-1と設定するとメモリ上限が上限なしになります。

スワップ割り当て

ところが今回のケースでは上記の方法では解決できませんでした。どうやら根本的にメモリ不足らしく色々調べたところスワップ領域を作成すれば良いとのこと。

下記コマンドで1G分のスワップを割り当てて無事解決できました。

こういうのってOSインストール実行時にやるもので、そんなことが可能なのか?と思いましたが、コマンドでできるんですね・・・

参考リンク

composer updateがPHPのメモリ制限に引っかかってできない時

Composerでメモリエラーが発生したときの対処方法【詳細解説】

-PHP, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

LaravelでのAPI実装

Laravelで外部からAPI叩いてデータ入力みたいなことをしたかったのでこれを機に勉強。認証とかを通してないのでそのまま公開すると危険です・・(汗) 参考リンク [PHP] Laravel5.6で、 …

no image

laravelでのredis活用

以前下記エントリーでredisの活用について書きました。 インメモリデータベース redis 一般的な使用法ですと登録できるデータはstring,list,hashのような比較的単純な形しか登録できな …

no image

clamAV

ウイルスソフトclamAVのインストールと使用法について Contents1 インストール1.1 CentOS61.2 CentOS72 スキャン実行の設定に関して インストール CentOS6 [c …

no image

サーバーの過負荷の発見 メモリ使用率の調査&抽出、置換(awk,sed)コマンドについて

前回、サーバーの負荷調査について記事を書いたので、それに関するスクリプトを。 Contents1 仕様2 ソース3 解説3.1 freeコマンド3.2 awk3.3 sed 仕様 日付とメモリ使用率、 …

no image

SSH鍵認証について+CakePHP2でのセッション切れ

鍵認証の設定をしたのでその際のメモなどを。 Contents1 SSH鍵認証2 CakePHP2セッション切れ SSH鍵認証 サーバーで公開鍵・秘密鍵を作成 サーバーで公開鍵を登録 クライアント側で秘 …