skillup

技術ブログ

PHP

Traitによるコードの再利用

投稿日:

PHPでは多重継承が禁じられて(親は1つしかもてない)いるため、共通性のあるコードを書こうと思った時に親にかいていない場合限界があります。

そんな時に使えるのがTraitという考え方で、これを使いますと親ではないのに、コードを再利用することができます(PHP5.4から有効のようです)。interfaceと考え方が近いかも・・・

通常は以下のようなファイル構成でしょうか。

  • Traitそのもの
  • Traitを使う一般のクラス
  • 一般のクラスを使うプログラム

以下に実際のサンプルを書いて見ようと思います。

sampleTrait.php(Traitそのもの)

SampleClass.php()

sampleProgram.php(一般のクラスを使うプログラム)

親とまでは行かないけど汎用的なメソッドを実装させたい時に使えそう・・・

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Cakeの共通処理

CakePHPだけに限りませんが、フレームワークの場合、オブジェクト指向の特徴を理解して、全ページに共通な処理などは個々のコントローラーに書くのではなく、もっと抽象度の高いクラスに書いたほうが保守性が …

no image

CakePHPでの数字カンマ区切り&PHP&MySQL曜日の出力

今回は主に時間やお金の表示など、出力に関するネタです。 Contents1 Cakeでのカンマ区切り1.1 単純なカンマ区切り 例1,0001.2 \をつけるケース 例 \1,0001.3 円をつける …

no image

laravelでの名前空間変更

laravelでの名前空間変更について。 laravelでモデルの場所はディフォルトだとapp/直下に作られます。 これをapp/Modelというディレクトリを作ってnamespaceを正常に定義した …

no image

laravelのmigrationに関して

DBのカラムの保守などをする場合のmigrationに関して。 ポツポツ使っていたのですが、しっかりまとめてなかったのでここでまとめて見ようかと思います。 Contents1 カラム定義2 実際の実行 …

no image

エラーハンドリング

エラーが起きた時にPHPだと画面に出ますが(出ない場合は画面が白くなります)、これを検知し、ログに吐いたり任意の処理をできるのがエラーハンドリングです。 フレームワークなどにはほぼこの仕組みが内在して …