skillup

技術ブログ

JavaScript

Promiseを使った非同期処理

投稿日:2019年3月17日 更新日:

今回はPromiseを使った非同期処理について。

JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気がしますが・・・(汗)

Promiseを使うとそれを回避することができます。

ネットで検索するとsetTimeoutや簡単なサンプルの例は多かったのですが、いざ自分の必要なコードを書いて理解するとなると多少時間がかかりました。*参考URLのものが自分の求めていたイメージに一番近かったです。

実際に使う場合ほとんどAjaxがらみだと思うので、Ajaxを使ったサンプルを。

特に2回目(上記の例でいうとgetFunc2)の処理を噛ませた後の結果がどこに行くのかを理解するまで時間がかかりました。thenの中で、さらにthenで展開されます。

参考URL

Promiseで複数の非同期処理を書く

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ajaxがらみのイベントの発動とwhenに関して

実務で住所のプルダウンを実装する機会がありました。 [東京都][中央区][明石町] みたいにカテゴリーが2〜3あって連動するプルダウンのパターンです。 これを実装するときのポイントですが、新規保存より …

no image

クリック編集のjQuery

最近のWEBサービスだと表示の画面と編集画面が同じになっていて、一見表示なんだけど、クリックすると特定の項目は編集できる、そんな画面がふえていきていますよね。 先日社内アプリをつくっていたところ、そう …

no image

vueのコンポーネント化

vueの記事をポツポツ上げてきましたが、コンポーネント化した書き方に関して。 既存のvueの記事 Vue.jsについて vueの環境構築 今まではCDNで読み込んだり、HTMLの中に直接vueを入れて …

no image

JavaScriptのexport

JavaScriptのexportについて。 es6の大きなメリットとして、ライブラリをモジュール化して、外部から読み込むことができますが、読み込み方に少し癖があります。 気をつけるポイントとしては、 …

no image

gulpインストールとタスクの実行

今更ですが、gulpインストールと作業に関して。 less使ってたんですが、コンパイルをずっとatomのエディタで行っていたんですが、一般的にはgulpで実行する方のほうが多いでしょう。 別件でgul …

アーカイブ