skillup

技術ブログ

JavaScript

Promiseを使った非同期処理

投稿日:2019年3月17日 更新日:

今回はPromiseを使った非同期処理について。

JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気がしますが・・・(汗)

Promiseを使うとそれを回避することができます。

ネットで検索するとsetTimeoutや簡単なサンプルの例は多かったのですが、いざ自分の必要なコードを書いて理解するとなると多少時間がかかりました。*参考URLのものが自分の求めていたイメージに一番近かったです。

実際に使う場合ほとんどAjaxがらみだと思うので、Ajaxを使ったサンプルを。

特に2回目(上記の例でいうとgetFunc2)の処理を噛ませた後の結果がどこに行くのかを理解するまで時間がかかりました。thenの中で、さらにthenで展開されます。

参考URL

Promiseで複数の非同期処理を書く

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cssフレームワークをnode_modulesから読み込む+cssの拡張

JavaScriptを1ファイルでまとめて読み込める方法が分かったので(参考リンク npmでのJSライブラリインストール)、CSSでも似たような方法があったのでメモ。 流れを言うと、下記のようになりま …

no image

JavaScriptモジュール化の歴史など

今の現場(2017年10月入場)ですが、比較的モダンな技術を使っておりまして、私の場合、特にJavaScriptにカルチャーショックを受けてしました。 現場に入る前はAngularJSなどは独学でやっ …

no image

font-awesomeのインストール(タスクランナー経由)

fontawesomeをタスクランナー経由でインストールすることについて。 CDNでインストールするだけならURL張り付けるだけですが。 インストール まずnpmで下記コマンドでインストールをします。 …

no image

クリック編集のjQuery

最近のWEBサービスだと表示の画面と編集画面が同じになっていて、一見表示なんだけど、クリックすると特定の項目は編集できる、そんな画面がふえていきていますよね。 先日社内アプリをつくっていたところ、そう …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

JavaScriptでのコールバック関数について。 たまにでてきますが、これまた慣れないと手間取ります。 コールバック関数に関してまとめると以下のような感じでしょうか。 ある関数(func1)の引数と …