skillup

技術ブログ

JavaScript

vueのコンポーネント化

投稿日:2019年3月17日 更新日:

vueの記事をポツポツ上げてきましたが、コンポーネント化した書き方に関して。

既存のvueの記事

Vue.jsについて

vueの環境構築

今まではCDNで読み込んだり、HTMLの中に直接vueを入れてきましたが、コンポーネント化することで、vueのロジック、テンプレート、スタイルを切り分けることが可能になります。

ファイル構成

src/app.js

エントリーポイントとなるJavaScriptで役割としては

  • npmで管理されたモジュールの読み込み
  • vue自体のコンポーネントの読み込み

などです。

src/CheckPref.vue

ここがvueのコンポーネント自体になります。

コンポーネント自体をここでファイル分割してまとめています。

小規模なものだったら読みこまずにここでやってしまった方がいいかもしれません・・・

htmlは普通のhtmlにvueを読みこませればOKです。

src/js/checkpref.js

実際のvueの処理を書くところです。

index.html

コンポーネント化したvueを読み込むhtmlです。

webpack.config.js

参考URL

https://github.com/umanari145/vue

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaScriptのコールバック関数について

Angularをやるうえで前提となるJavaScriptの知識を書いていこうかと。 PHPでもありますが、関数を変数として扱い、別の関数の引数にすることができます。 これを利用すると下記のようなソース …

no image

vue-routerについて

vueでのルーティングに関して。 Vueの場合、いわゆるSPA(シングルページアプリケーション)という用途で使われることがあると思います。 ただその場合でも擬似的なルーティング(URLの切り替えなどに …

no image

JavaScriptでのオブジェクト指向 クラス作成&インスタンス生成

JavaScriptというと一般的にはjQueryを使って画面の装飾をするスクリプト言語という認識が一般的かと思います。 しかし、JavaScriptでもPHPなどのようにオブジェクト指向的な思想は実 …

no image

vueに関する小ネタ(computed、v-classなど)

先日は埋め込み形式で、vueを書いてましたが、その時に新たな気づいた小ネタなど。 Contents1 computed2 v-class3 ajaxのasync:false computed 主に、v …

no image

JavaScriptのexport

JavaScriptのexportについて。 es6の大きなメリットとして、ライブラリをモジュール化して、外部から読み込むことができますが、読み込み方に少し癖があります。 気をつけるポイントとしては、 …