skillup

技術ブログ

JavaScript

プルダウン連動のJS+動的要素のイベント追記(ライブラリのイベント)

投稿日:2019年4月13日 更新日:

JSがらみでちょっとした小ネタを。

プルダウン連動

大カテゴリ→小カテゴリなどとあった場合に、新規だけではなく、編集画面などですでに値がセットされている場合、プログラム側で親の方で小カテゴリ用のリストを用意する必要がありますが、JavaScriptのみでこれを実装することもできます。

ただし、ajax使う場合は画面に要素が複数あると遅くなります(参考リンク参照)。一瞬でできるようになっておく必要ありますね・・・

参考リンク

ajaxがらみのイベントの発動とwhenに関して

動的要素へのイベント追加(ライブラリのイベントなど)

jQueryで動的要素へのイベントをセットするとき

のようにかくと思いますが、例えばdatepickerなどライブラリのイベントをセットするときは

のように書けばOKです。検索したんだけど、こういうのが自然に書けないとまずい・・・

あるいは追加要素後、のアクションで普通に再定義してあげればOKです。ダサいけど一番わかりやすい・・・

 

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vueでの配列、オブジェクトの反映に関して

vueでのハマりポイントですが、関門としては コンポーネント間の連携 オブジェクトや配列となった時に反映がされない などがあげられると思います。 コンポーネント間の連携に関してはこちらの記事でも書き、 …

no image

Angularモジュール間の読み込み

Angularで以前こちらで、複数のコントロールに分ける方法を書きましたが、コントローラーだけでなく、Factory,ServiceなどいろいろなタイプのサービスがAngularにはあります。 プログ …

no image

JSでの画面の金額集計

主に金額などを画面で計算するような請求関係のアプリを作っていますと、JSを駆使して集計作業をすることが多いのではないかと思います。 ようはテーブルみたいなものがあり、それを集計するようなパターンです。 …

no image

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。 入力欄にフォーカスして、遷移したときに …

no image

npmコマンドの整理

npmのコマンドのまとめに関して。 Contents1 npmとは?2 よく使うコマンド2.1 npm init -y2.2 npm install パッケージ名(npm -i パッケージ名)2.2. …

アーカイブ