skillup

技術ブログ

PHP

Laravelでのmiddlewareの実行順番

投稿日:

Laravelでのmiddlewareをいじって認証直後の処理を作りたいときなど。

例えばログイン後、ユーザーidに応じた共通処理などをかませたいときです。

この場合、当然ログインの後に処理を実行しなくてはいけないので、authの直後に処理を行う必要があります。

まずはサンプルソースを。

app/Http/Middleware/OriginalAuth.php

route/web.php

注意点として、Kernelのprotected $middlewareやprotected $middlewareGroupに入れてしまうとauthの前に発動してしまいます。(Laravelのauthを使っている場合ですが・・)

もちろんKernelで定義しておかないと使うことはできません。

そこでprotected $routeMiddlewareで定義しておき(ここはrouteで使う用であくまで定義なので実行はされません。),routeの方でauthの後に書いてあげればauth後の処理(具体的にはログインユーザーの情報)を行うことができます。

Laravelのミドルウェアの実施順検証と小技

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コード静的解析ツールを使った際の気づきなど

最近のプロジェクトでコード静的解析ツール(phpcs,phpmd)を使った際の気づきなど コードを書きながら常時エディタがチェックするタイプのものでないとまず無理(保存するたびでも無理だし、コミット時 …

no image

アプリケーションアーキテクチャについて 〜既存のMVCに関して〜

今回はアプリケーションのルーター以降のアーキテクチャに関して。主にMVCなどについて説明したいと思います。 Contents1 MVC(Model,Controller,View)1.1 トランザクシ …

no image

FastCGIに関して

nginxについて学習してきましたが、今回はphp-fpmについてです。 Contents1 そもそもの構成2 CGIのメカニズム3 FastCGI4 nginxでの設定に関して4.1 fastcgi …

no image

CakePHPでのプレフィックスルーティング

cakePHPではルーティングがデフォルトでは/コントローラ名/アクション名となります。 ところが管理画面などはadmin/コントローラー名/アクション名などと変則的なURLにしたいことも多いでしょう …

no image

PHPにおけるDI

Contents1 DIについての概要2 自分が作った簡単なサンプル(リンクの写経)3 参考リンク DIについての概要 PHPでのDI(Dependency Injection)に関して。 オブジェク …