skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

dockerコンテナ間での連携(PHP+MySQL)

投稿日:

dockerでのコンテナ間の連携について

以前、dockerではCentOSのイメージからコンテナを作成し、その中にphp,apache,mysqlをインストールしてましたが、dockerの使い方としてはアプリとDB側で別々にコンテナを作成するのが一般的なようです。

以前勉強したリンク

docker上でミニサービスを起動させるまで

元々の意図としては環境を平易に作成できるのがメリットなのと前者のような感じだとphpのバージョンをあげたり、mysqlのバージョンを上げる時に1つのイメージに対する依存度が上がり、vagrantを使うのと変わらないなあと思ってしまいます。(それでもvagrantよりは軽いのでいいと思いますが・・・)

今回ですが、下記の状態で作成しました。

  • php5.6+apache
  • mysql5.7

php5.6+apacheのDockerfile

mysqlのDockerfile(下記ぐらいの内容だったら普通にpullすればいいかも・・・・)

それぞれをビルドしてイメージを作った後、コンテナを立ち上げる時に下記のようなコマンドを打ちます。

phpと連携する場合、mysql側のコンテナを先に立ち上げておく必要があります。

またmysqlのコンテナを作成する場合は初期時にrootのパスワードがないと起動しないようですので、上記のようにコンテナ起動時に変数を渡す必要があります。

次にphp側のコンテナ起動ですが、下記のようになります。

–linkですがこれが連携のオプションのようです。(mysql:mysqlはエイリアス?のようです)

連携が成功しているかどうかですがphp5.6側のコンテナに入って、/etc/hostsファイルを確認し、mysql側が名前解決されているかどうかを確認すればOKです。

参考リンク

Docker Hubのオフィシャルイメージを使ったLAMP環境(Apache+PHP+MySQL)構築

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自力での監視

Zabbixの勉強を進めていますが、マニュアル通りに設定していて、中で何をやっているかをあまり理解していなかったりします。 それだとちょっとまずいのでZabbixでの構築とともに自力での監視スクリプト …

no image

AWSセキュリティグループについて

AWSのセキュリティグループに関して。 AWSには標準でセキュリティグループという概念があり、それぞれのインスタンスに対して、アクセスするパケットをポート番号で制御でき、この定義をセキュリティグループ …

no image

PHPのheroku(ヘロク)へのデプロイ

有名なPaasのサービスであるherokuをちょっといじったのでその時のメモなどを。 Contents1 アカウント開設2 Heroku | Cloud Application Platform3 デ …

no image

サーバーの過負荷の発見 理論編

会社のテストサーバー(このブログが入っているサーバー)なんかが重くなってくると、再起動したりしているわけなんですが、CPUやメモリの使用率をみたり、といったシステマティックな運用はしてないです。 本来 …

no image

phpenv5.3+php-fpm

レガシーなプロジェクトではいまだにPHP5.3なんかを使うケースがあったりします。 これがCentOS6だったらyumでphp5.3とかだったらいいんですが、サーバーはCentOS7だったりするとなか …